てらぴかのえんがわ

“えんがわ”過去ログ
2000年4月分


*0077  てながざる [近畿]    [12/04/30()-22:51]      
てらこや
ひさびさのてらこやとても楽しかったです。なんてったって他人の顔をじっと凝視しても怪しまれない貴重な時間です。
最近パソコンの調子が悪くえんがわも久しぶりに訪れたのですが、絵に対しての色々なコメントとても素敵です。直ってよかったー!

  *0077-01 てらぴか    [12/05/01(月)-11:10]      
  そうだよね〜
てらこやでみんながやってる視線、日常的ぢゃあないよな〜
でも、すこしずつそれを日常にも使ってみて!
慣れるが勝ち!


*0076  deepsea      [12/04/30()-01:29]      
そうだ!!!!
 木村さんからの寺門さんへのコトバプレゼント、同感DEATH。

 「この世のものならぬ―あるいはもっと別の表現をしても構わないが―衝動」。
ボクはこの衝動を言い表す言葉を知りませんが、いつもその衝動は、ボクに
「この世のものならぬ」気分をもたらし、ボクを突き動かすのです。そしてそれは
常に「限りなく簡単で、限りなく美しい」出来事であると、ボクは感じています。
そう、それはまさしく、掛け値なしに、「限りなく簡単で、限りなく美しい」。

 ボクはその衝動に突き動かされながら、と同時に自分の意思で絵筆を走らせ、
そして紙の上では、不思議さと当たり前さが背中を合わせながら、絵が進んで
行く、進めて行く。ボクにとっては至福の時であり、快楽の時であり、畏怖の
時であり、感謝の時であり、奇跡の時であり、必然の時でもあります。もし仮に、
絵を描くということが「宗教的な営み」であるとするならば、ボクは間違い無く
“絵”の信者であり、ボクの身の回りや、ボクの身の内や、あらゆるボーダーレス
な全知全能に潜んでいる“絵の八百万の神”を信じます。

 シリアルかつパラレルな“ワケノワカラナイモノ”の上に、
ボクの絵が成り立っていることに、心から多謝。

  *0076-01 てらぴか    [12/04/30()-10:22]      
  全く同感ですね〜
僕も、全く、「絵」の信者。
deepsea君は、絵に対する先入観を一切持たずに、テブラ・マルハダカで「絵」に入っていったので、最短距離で「絵」の核心に向って歩き始めることができたんだと思います。
それと、「絵」以前にまず、その「この世のものならぬ衝動」が常にdeepsea君のココロをひたひたと浸してた、それが「絵」というアースポイントから噴出してるんだろうな〜  どんどん描いていってください! 大期待!


*0075  maripooh [岡山]   [12/04/30()-01:11]      
雷には気を付けましょう!
雷の日にパソコンを使ってしまって(遠ざかってたのよ)、
モデムが壊れてしまって一週間使えなくなったおバカなヤツです。
梅雨シーズンには気を付けましょう。(笑)

私の回りにぞくぞくとてらぴかさんファンが増えてます。
私が宣伝して回ってるのもあるかもしれないけど、
この前友達の家にいったら「天使のカレンダー」が
あって彼女も好きなのだと知ってうれしかったと
共にうらやましかった。
私も天使のカレンダーが欲しい!!!
どうやったら手に入ります?

  *0075-01 てらぴか    [12/04/30()-10:14]      
  へ〜、雷ってそんなことになりますか? 知らなかったす
宣伝、ありがとう存じます! 今後もどしどし!
「天使のカレンダー」は書店で普通に手に入ります。最寄のとこで
リトル・モア(出版社)の「天使のカレンダー」と注文してください。


*0074  みおこ [愛知]     [12/04/29()-21:22]      
らっき〜
こんにちは!
今日は、とってもラッキ〜あんど、疲れた日でした。
やっと、やっと、お皿買えました〜。感激〜〜、半端じゃないほど、素敵でっす!(?)
それに、なあんと!エンジェルという本も買えてうれしいうれしい。
てらぴかさんの絵は、色付きもきれいだけど、線だけのも、美しいなあ、と思いました。。。

  *0074-01 てらぴか    [12/04/30()-10:12]      
  みおこさん、お皿、そんなに気に入ってもらえて嬉しいな
エンジェル、詩画集とはいえ、絵がずいぶんいっぱいはいってるでしょう?
お菓子のようなプリティな色に仕上がってて、好きな一冊です。
それから、
線で描く、というのが僕の基礎になってると思います。線画描くのは風にあたってるような気分で爽快なのです。


*0073  由宜 [東京]    [12/04/29()-11:33]      
そうだったのですか!
みえださんとは、あのみえださんなのですね!『天使のカレンダー』のみならず、『空の名前』も『色々な色』も愛読してます(きっと今度は『宇宙の名前』も)!実は、これらの本の企画編集が同じ方とは、昨夜はじめて気づきました。失礼しました。何度もお名前をみかけていたのに。感激の書き込みです。大好きな本を生み出した方々とこういうかたちで出会えるなんて、すごいなあ。…世の男の子たちをもっともっと天使好きにしたいですね。私の友人(20代男性)も、この前「天使っているのかなあ」なんて言っていたので、「もちろん、いるよ!」と言っておきました。

  *0073-01 みえだ [京都]    [12/04/29()-13:26]      
  どうもどうも、そのみえだです。毎度ご愛読ありがとうございます! 今後ともよろしくお願いします。 
ところで、この場をお借りして<えんがわ>へお越しのみなさんにちょっとお知らせさせていただきます。
出版社の倒産で実質的な絶版状態になっていた『色々な色』ですが、つい先日、『空の名前』『宙の名前』(『宙ノ名前』改め)と同じく角川書店から新装再発売され、再び書店の店頭に並びはじめました。再発売にあたりタイトルは『色の名前』に改められ、表紙もイメージがだいぶ変わりました。今回の改題改装は、事前に出版社とも意見交換できたので、前2巻と違い、僕としてもわりと心落ち着けて書店で見ることができそうです。『色々な色』を未チェックだった方は、ぜひこの機会にご一見のほどを・・・。

  *0073-02 みおこ [愛知]     [12/04/29()-21:35]      
  こんにちは!由宣さんとみえださん
初めまして・・・天使のカレンダー毎日、飽きずに読んでいます!
私も、是非『空の名前シリーズ』は、読みたいと思っています。
あ〜、この頃私は、読みたい本だらけで嬉しいいそがしさだあ〜
それでは、また・・・
追伸甘兄箸論簑个い襪隼廚Δ韻譴鼻⇒点困發い襪箸もいませんか?

  *0073-03 みえだ [京都]    [12/04/30()-16:58]      
  みおこさん、はじめまして。『天使のカレンダー』毎日読んでいただいてありがとうございます! 『天使のカレンダー』も『空の名前』シリーズも、1日1ページずつぐらいのペースで、たまたま開いたページを読んでは眺め眺めては読みしてもらえるといいんあ、と思いながら作った本です。

  *0073-04 みえだ [京都]    [12/04/30()-17:05]      
  失礼、「いいなあ〜」、でした

  *0073-05 てらぴか    [12/04/30()-22:33]      
  もちろん! 妖精もいるよ!

  *0073-06  [東京]    [12/05/01(月)-18:07]      
  みえださん、こんにちは。由宜さん、はじめまして、下に長々とくっつけてすみません。
つい先日、本屋さんで『色の名前』がどうして角川から出ているのか?に思っていました。そういう訳だったんですね。納得しました。


*0072  yoyo     [12/04/28(金)-23:47]      
始めての、母との2人旅。
西は大阪城、天使、ベイビー、オイル、お好み焼きマジック!!!!!
ヨカッターーーーーーー。
母も喜んでおりました。

えんがわのみなさんもお母様と観に行かれると、
なんだか楽しいですよ。

油は、深くて水の中から明るいほうをみたような色が
綺麗でした。
白も、緑も、スバラシかったーーーーハラショー!!!!!
桜の絵と、ライラックの絵、、、、マニフィック!!!!!

観ていたら、絵が描きたくてメチャメチャウズウズしてきました。
明日晴れたら、公園スケッチに出かけます。

  *0072-01 みおこ [愛知]     [12/04/29()-21:37]      
  こんにちは・・・
お母さんとも行きたいけれど、私はお父さんとです(^^)

  *0072-02 てらぴか    [12/04/30()-10:02]      
  yoyoさん、遠いところありがとう、ステキなお母様もありがとう!
いいメッセージ、もありがとう
今回、「子供」を描いた絵も多いので、親子で見える方も、多くなったような気がします。どんな誰も、初めは赤ん坊! それがまず不思議!
そうして必ず、親がいる、いた、という不思議!
なんと身近に、不思議の総大将がいることでしょう!

みおこさん、お父さんとみえるのをココロマチしています!


*0071  由宜 [関東]    [12/04/28(金)-09:07]      
てらぴかさん、こんにちは。
 おうぐうさんの掲示板に、たまにお邪魔してます、由宜です。こっちにも、ちょっと勇気を出して遊びに来てみました。『天使からのおくりもの』とっても気に入ってます。特に表紙の色、すごく好きです!海のような、空のような…。中の絵も、おうぐうさんの文とぴったりですね〜。私は30頁の赤ちゃんがお気に入りです。あと、天使のカレンダーも、自分の誕生日をしっかりチェックしました。私のは入り江の天使で、水着姿だったので、ちょっと照れます。あ、私が恥ずかしがることないんですよね。そういえば昨日、本屋さんで、高校生くらいの男の子が『天使のカレンダー』を手にとって、熱心にめくっているのを目撃しました。なんか、微笑ましい光景でした。
 では、また遊びに来させてくださいね。

  *0071-01 おうぐうてんけい [東京]   [12/04/28(金)-09:35]      
  こちらでも御会いしましたね。
海のような、空のようなかあー。
絵が文とぴったりなのは、てらぴかさん文章を読んで
一枚一枚丁寧にお描きくださっているから。
そういうことを伺って感激しました。
天使のカレンダーもいいですよね。
今日はたしか、天使のヒーリングブックの
表紙絵です。夫の誕生日で、見たら、あれ!
でした。三枝さんは、只者ではない!

  *0071-02 由宜 [関東]   [12/04/28(金)-15:38]      
  わっ!こちらにも、おうぐさんが!こんにちわ。うれしい。
個展、がんばってください。

  *0071-03 みえだ [京都]   [12/04/29()-03:28]      
  由宜さん、はじめまして。『天使のカレンダー』ご愛読いただきありがとうございます。高校生くらいの男の子ですか? 一応てらぴかさんも僕も男の子なので、『天使のカレンダー』ぜひ男の子にも見てもらいたいなあ。

おうぐうさん、「夫の誕生日で、見たら、あれ!でした」って、いったいなになに??

  *0071-04 おうぐうてんけい [東京]   [12/04/29()-07:36]      
  私が文章を初めて書いた本の表紙絵が、彼の
生まれた日に載ってたので、驚いちゃった!
それは、昨日でした。

  *0071-05 みえだ [京都]   [12/04/29()-12:50]      
  おやまあ! だんなさんのお誕生日ですか!? これまた不思議なことねえ〜。(あ、てらぴかさんのレス口調になってしまった・・・)

  *0071-06 てらぴか    [12/04/30()-10:08]      
  由宜さん、はじめまして、これからもえんがわへ遊びに来て下さい!
本当は、天使の好きな男の子もおじさんもたくさんいるようです、展覧会場にいるとよくわかります
でも苦手な方も、男女を問わず、いらっしゃるのもわかります
僕は、天使のベクトルだけでなく、森羅万象、あまねく描くことができるような、大北斎のような画家になりたいのですが、描けるモティフはほんの少しずつしか増えません。でも、カメスタイルで描きつづけていこうと思っております。


*0070  みえだ [京都]    [12/04/27(木)-13:18]      
有馬にて
淡路島〜有馬温泉へ家族で小旅行に行ってきました。淡路島では安藤忠雄さんが設計した建築群を見たり、いざなぎ神社という古いお宮に詣ったり、地震の断層を保存している記念館を訪れたり、小学生の頃たびたび釣りに行っていた懐かしい砂浜で遊んだりしました。そして2日目の夕方、有馬温泉へ向かい、予約していた宿につくと、何やらテレビカメラが並んでいます。そういえば有馬温泉で誘拐犯人が捕まったというニュースを朝のテレビでやってたような気が・・。でもまさか?!・・・。 部屋に入り、テレビをつけるとどの局も誘拐事件のニュース。見ているとさっき僕らが入ったばかりの玄関が映り、出迎えてくれたおかみさんがインタビューに答えています。そう、そのまさか!、数ある有馬の旅館やホテルの中で、こともあろうに僕らは犯人の泊まった翌日に同じ旅館に泊まってしまったのでした。その夜のニュースは誘拐事件1色。自分たちがいまいる場所の映像をテレビで見ながら夜を過ごすというのは、何とも奇妙な気分でした。それにしても、もし一日ずれてて、もし犯人がナイフや銃を持ってたら寸又峡温泉のキンキロウ事件のような事態も考えられたわけで、日常の裏にぽっかりと口をあけた暗闇を見たような気がしました。そう考えると妻子を部屋においておちおちゆったり湯につかってはおれず、前夜犯人も入っていたであろう湯船をそそくさと出たのでした。

Today'sのジェニーの話、僕も昔、映画小僧だった頃フォトジェニー論に心ひかれ、てらぴかさんと同じようなことを考えていました。
 

  *0070-01 てらぴか    [12/04/27(木)-21:25]      
  さ〜すがは三枝さん! 効率よく異様な体験を積み重ねておいでですね〜
こりゃまねできないや

皆さん、三枝さんも僕も、学生時代は自主制作映画にはまっていたんですよ、
もちろん、別別に・・・

  *0070-02 おうぐうてんけい [東京]   [12/04/28(金)-09:28]      
  凄い体験をなさったんですね。際際ですね。
まったくまねできないや!ねえ!テラピカさん!
そして、自主制作の映画に主演したことがある私でした。
学校さぼって映画観にいったっけなあ!


*0069  みおこ [愛知]     [12/04/26(水)-19:35]      
うれしい!
こんにちは!
おうぐうてんけいさん、お帰りなさい。
この頃ここにあまり、いらしゃらなかったのは、韓国いってたんですね。楽しかったですか?
今日は、とっても、嬉しい事が学校でありました。
選択美術で油絵をかくことになりました。
がんばるぞお! すっごくたのしみです。
それでは・・・
ちょっと、今日はいそがしんです・・・わああ〜

  *0069-01 てらぴか    [12/04/26(水)-21:53]      
  油、絵、たのしんでください!

  *0069-02 おうぐうてんけい [東京]   [12/04/27(木)-17:02]      
  はい!帰ってきました。
韓国はベリーハードな旅で
お土産を買っている暇も
ありませんでした。


*0068  Mariko    [12/04/26(水)-17:56]      
★天使の絵
寺門さんが最初に天使の絵を描かれたのが93年の6月8日
テラピカさんにも差し上げた妖精の生写真が写ったのが
確かそのころと思って見てみるとおしい!93年の6月7日でした。
でも1日ちがい。。。誕生日もテラピカさんとは1日ちがいだし
1日ちがいもまたうれし★
ところで物欲のかたまりの人間はなかなか天使にはなれませんが
物質世界から精神世界へと見えるものから見えないものへの価値が
見直されている時代なのでただのものではなくエネルギーを感じる
見えないものへのあこがれが天使という形で現われているのではないかと
私は思います。だから寺門さんの絵にはエネルギーいっぱい
天使という形でみんなに届けられているのではないでしょうか?
ただのものではなく寺門さんの絵に見えないエネルギーがいっぱいだから
どうしても欲しくなる。。。これは物欲ではなくてエネルギー欲かしら?

あ、おうぐうさんお帰りなさい。
またあとでおじゃましますねぇ。

  *0068-01 てらぴか    [12/04/26(水)-22:07]      
  あ〜ら、また1日ちがい? おかしいわよね〜
あら、ど〜もさいきんことばが変だわね〜

  *0068-02 Mariko    [12/04/27(木)-11:14]      
  きゃー、テラピカさんどうされたんですかぁ?
とても似合って聞えてくるのはなぜーーー?
大受けで笑いが止まらなかったですぅ。ほほほ
大阪に飛んでって絵たちに会いに行きたい〜
羽根つけてください〜


*0067  おうぐうてんけい [東京]   [12/04/26(水)-13:41]      
天使のお話し
てらぴかtodayに天使のことをお書きになると
成田空港で知りました。帰国してから(韓国へ行ってました)
今朝、楽しみに拝見しました。天使の姿を受信なさって、天使の本で
ご一緒出来て、なんだか不思議な気持ちで一杯です。
「とても、光栄です。」
と申し上げるのが、今の私の気持ちに一番ぴったりな気がします。
そうそう天使のヒーリングブック又また、重版だそうですね。
密かに3冊めもご一緒できるかな?と。天使に企みに感謝!
よしえさん、あぶり餅はとてもおいしく風情があります。
きっとたくさん食べたくなること請け合いです。

  *0067-01 てらぴか    [12/04/26(水)-14:15]      
  おうぐうさんおかえりなさいませ
そうそう「天使のヒーリングブック」5刷でトータル16500部!
これって、僕の絵を載せていただいた本では、凄い快挙な数字です。
昨今、画集とかって、あんまり売れないですからね〜
こちらこそ光栄のいたり、感謝でございますよ!


*0066  由佳 [近畿]     [12/04/25(火)-15:05]      
ぴくぴく・・・
寺門さん、みなさんお久しぶりです。すっかり桜も散り、気候が良くなってきてうれしい限りです。
私のお腹の天使がぴくぴく、むにょむにょと動き出しました。自分の中にもう1人、人間がいると思うと不思議な感じです。
連休には心斎橋に出る予定ですので、寺門さんにお会いできるのを楽しみにしています。

  *0066-01 てらぴか    [12/04/26(水)-11:01]      
  由佳さん、おひさしぶり
なにが不思議って、それ以上の不思議ってないですね〜
こちらこそたのしみにしています


*0065  naomi [関東]   [12/04/24(月)-18:00]      
こんにちは!
ず〜っと、以前に一度書き込みをさせていただきました〜
小さな天使の絵を書いています。
神戸の方にお住まいで、良く御活躍されていらっしゃいますね・・
ああ・・もう少し近ければ!と、思う事が多いのですが・・・
以前に神戸に旅行に行った時、異人館の坂下?にある、
白く塗ったような木造のステキなお店(1Fが雑貨店、2Fが、喫茶)で
お茶を飲んだのですが、そこで偶然、寺門さんの作品を多く拝見する事が
できました・・・講習会などをされるのは、ひょっとして
そこかな〜??なんて思ったのですが・・!? あいにく、名前を
忘れてしまったのですが、旅の一番の思い出になった所でした!

  *0065-01 てらぴか    [12/04/26(水)-11:11]      
  J&F!
おっしゃるとおり僕が展覧会やサロンやてらこやをさせていただいてるお店です。
アトリエのほんとすぐ近くなので、最も身近な感じで作品を見ていただける好スペースです。


*0064   [東京]     [12/04/24(月)-10:57]      
草むしり
昨日は東京も初夏のように気持ちよかったですよ。
昼間は家にこもっているのがもったいなくて外出してましたが、夕方から家の前の草むしりをしました。最近1階に引っ越したので、誰が見ても、その場所の草むしりは、私の仕事だからです。
でもはじめたら、熱中してしまいました。こんなにマジマジと雑草を見たのははじめてです。雑草といっても、実に多種多様。草なのに、木かと思うほど大きく成長したのもあったり、5个阿蕕い硫屬鮑蕕せているのもあったり。私はハーブを栽培しているのですが、ハーブも雑草なのに、こっちは良くてこっちはダメという矛盾を感じてしまいましたが・・・
新たにお花とハーブの種をまいたので、成長が楽しみです。

TODAYを読みました。本当にはじめから、あの絵なのですね。私はペイントされているてらぴかさんの絵も大好きですが、デッサン風の絵になぜか惹かれます。
6月8日は私の誕生日だったので、全然関係ないけど、とっても嬉しかったです。しかも、93年は、私にとって、いわゆる「気づき」のあった年だったので、無理やり共通点を見つけて、喜んでしまいました。
次の天使のお話を、楽しみにしています!

  *0064-01 てらぴか    [12/04/24(月)-13:30]      
  アトリエには狭いですがテラスがあって、そこが僕のガーデニングゾーンとなっており、植物達が生きたり、死んだり(…)しています。
本体よりも雑草が巾をきかせ、かわいい花を咲かせたりしてると、確かに引き抜きにくいです。あるとき、庭師をやってる友人に、朋さんとおんなじ矛盾について質問したことがあります。彼の答えはこんなふうでした。
「いやあそのことは僕もずうっと考えてきました。で、やっとわかったんですよぉ、雑草を抜くとどんな気持ちがしますか? なんかせいせいしたようなすがすがしい気持ちになるでしょう? 雑草の存在の意味は実はそこなんですよぉ!」
果たしてそうなのでしょうか・・・

6月8日がお誕生日でしたか、たまたま話題と一致しましたねぇー
僕はきわめてそうなんですが、一致、を見付けるとなぜか嬉しくなります
僕の説では、記憶は、世界から似ている、とか一致しているとか判断されるものを束ねて保存しています。毎瞬インプットされる膨大な事象から、なんらかの一致をみつけてはあれやこれやと組みかえる、それが「想像力」の素、なのだと考えています。「夢」や「芸術」はその想像力発生の現場、いわば、あらゆるアスペクトでの「一致」発見の実験場なのです。

  *0064-02  [東京]    [12/04/24(月)-22:16]      
  雑草の存在意味は何ともいえませんが、すがすがしい気持ちになったことは確かです。無心で(いえ、ムキになって)雑草を根っこから引き抜き終わったときの達成感は格別でした。やっぱりあれはスペースが限られているからこそなんでしょうね。
「想像力」の素のお話、納得してしまいました。無意識のうちに、束ねているんですね。発生させた想像力を、どうやって表すかということなんですね。


*0063  竹田憲司 [近畿]   [12/04/24(月)-03:33]      
今日はお邪魔しました。
本日は、展覧会の方よせていただきました。先生の絵が、よりいっそう優しくなってきたように感じました。いろいろお話も伺えて良かったです。
また、懲りずにDM下さいませ。では、ありがとうございました。

  *0063-01 てらぴか    [12/04/24(月)-13:31]      
  ひさしぶりに会って話せて、こちらこそ愉しかったです、ありがとう
またいらしてください
お忙しそうですが、お仕事・絵、お励みください


*0062  よしえ [東京]     [12/04/24(月)-00:58]      
帰ってきました!
てらぴかさん、土曜日は素敵な作品をたっぷり堪能させていただいたうえに
たくさんお話もできてうれしかったです。
町田さんとのダブルサインにも快く応じていただきありがとうございました。
そのうえ思いがけず幻の「かごめドリーム」まで入手できたし大感激です。
(しかも「ツル」と「カメ」のイラスト入りのサイン付!素晴らしい!)
心残りは「しょくどう・ささき」がお休みだったことだけど、これは
またの機会のお楽しみにとっておきますね。
ところで、私も高木さんも緊張していたのか芳名帖に記帳してくるのを
忘れてしまいました。
なかなか大阪まで行く機会はないので残念です。
どうか素敵なマダム・ムスタシュにもよろしくお伝えください。

みえださん、おうぐうてんけいさん、こんにちは。
鎮花祭ってやはりなかなか興味深いお祭りのようですねー。
「あぶり餅」は食べたことないのですが、おふたりが「すこぶるおいしい」
と言われるからにはそうとうなものでしょう。
欲張りな私はいつか鎮花祭の時期に京都に行って、お祭りと「あぶり餅」と
ダブルで楽しみたいです(笑)

そうそう、みえださん、「かごめドリーム」にはさんであるハガキに
「ツルの巻とカメの巻の2冊共をお買い上げになられた方の中から、
抽選で謎のツルカメパワーを授けます。」って書いてありましたが
「ツルカメパワー」ってどんなんですか?気になる〜(笑)

  *0062-01 てらぴか    [12/04/24(月)-13:32]      
  よしえさん、遠いトコ、ほんとうにありがとうございました!
次は東京でお会いしましょう!

  *0062-02 みえだ [京都]   [12/04/27(木)-00:03]      
  よしえさん、こんにちは。
今宮神社のあぶり餅は、参道の左右に向かい合って2軒のお店があります。
どちらも江戸時代からの老舗で、どちらもいい感じのおばあちゃんが、いい感じに炭火で餅をあぶっています。片方が「元祖あぶり餅」のお店で、片方が「本家あぶり餅」のお店です。この2軒がもうかれこれ何百年もの間、毎日客引き合戦を繰り返しているのです。なんかマンガみたいで笑っちゃいます。さて、よしえさんはどちらのお店を選ぶのでしょうか?! ちなみに僕は毎回交代に食べることにしています。
ところで、「ツルカメパワー」、気になりますか? フフフフ・・・。そのあまりのパワーに出版社もつぶれてしまったほどですからねえ〜。フフフフ・・・。


*0061  yoyo     [12/04/24(月)-00:34]      
あ!
色変え忘れてマックロクロスケだ、、、

  *0061-01 てらぴか    [12/04/24(月)-13:34]      
  さすがセツ生、色にはこだわる・・・


*0060  yoyo     [12/04/24(月)-00:32]      
西へ
ウワサの星占い、ミテミマシタ。
占いというより星の助言?
オモロカッタです。
手相占いのサイトはないのかしら、、、
みるみるうちに変わっていく私の手相。
気になってます。

今週は、西の方へ行きます。
天使とベイビーに会えるのが楽しみ。

  *0060-01 てらぴか    [12/04/24(月)-13:35]      
  え?、手相、変わってきてるの?
そりゃ、見てみなくちゃ・・・
いよいよ、西、ですか? 楽しみにしています、こちらこそ


*0059  wakako [神奈川]     [12/04/22()-06:06]      
雨と万葉歌
*徹夜で眠ってしまいそうだったので、三枝庵に伺いました。
したら、新しいお話が聞けてラッキー。
三枝さん、風邪ひかないように、あったかくしてくださいね 〜。

相聞歌、よいなあ、、、いつもツボをつかれてしまいます。
万葉集の中で、私の好きなのは、
「君が行く道のながてを繰り畳ね焼きほろぼさむ天の火もがも」でした。
んー過激。
万葉集、もっと、ちゃんと読みたくなってしまいました。
これは是非とも本屋でチェックせねば〜!

*「baby oil magic」の展示作品の一覧を全部見ることができました〜。
(こういうページがあるのは、ほんとーに嬉しい!)
特に、「garden ideal」と、「x-y ash rose」が
気になってしまいました。すんごく好きだな、、、
また見ちゃおーっと。

  *0059-01 てらぴか    [12/04/22()-11:51]      
  僕も昨夜は、徹夜で眠りました。
作品一覧、愉しんでいただけてるようで、嬉しいです

  *0059-02 みえだ [京都]   [12/04/23()-00:56]      
  wakakoさん、ありがとうございます。風邪は今のところ大丈夫みたいです。
「〜天の火もがも」の歌、僕も好きです。「繰り畳ね」っていうのがスゴイですね。


*0058  みおこ [愛知]     [12/04/21(金)-22:26]      
いや〜しあわせ!!
こんにちは!!
今日はなんだかとっても元気あんどしあわせです。なんでかなあ。
この間、JR高島屋に行ってきましたところ、フェリシモードでてらぴかさんのお皿が売っていました。
きれいでしたあ。
いいなあ、と思って値段を見た所、わ〜お!みてびっくりでした。

それから、この間、おうぐうてんけいさんが言っていた、メッセ〜ジとは、天使のおくりものに入っているのでしょうか?
この本は是非、買いたいと思っています。
それでは・・・



  *0058-01 てらぴか    [12/04/22()-11:52]      
  ほう、お皿、売ってましたか?
びっくり、って、高い? 実は僕は値段とか知らないのです・・・

  *0058-02 ミツキ [兵庫]    [12/04/22()-22:11]      
  お皿は、一枚1500円ですよ〜。人魚の絵のが売ってたのかな?私は、神戸ファッション美術館での展覧会の時に、鳥がいっぱい飛んでいる絵のお皿(フェリシモの)を、安い〜!!と思って買いました。その時は、今より300円安い1200円だったんですけど・・・。1500円も高くないと思います。

  *0058-03 みおこ [愛知]    [12/04/24(月)-18:39]      
  ビンゴ!!
ずばり、そうです。人魚のまわりに色とりどりの魚がおよいでいるものです。
1500円だったですか。その時、わたしお財布を確か忘れていったんですよ。
どじですよねえ。
でも、一緒にいた、お姉ちゃんが誕生日プレゼントでどーのこーの言ってたから、もしかして、くれるかも!そうだったら、嬉しいな!



*0057  吉村 弘子 [近畿]    [12/04/21(金)-19:26]      
個展よかったです!
寺門先生の絵を生で見ることができて、本当に感激しました!
またサインととっても素敵なイラストもありがとうございました。
絵葉書をたくさん買ったので、部屋に飾って時々眺めてほっこりしたいと思っています。先生の作品、また楽しみにしています。  BY 吉村

先生にお会いすることができて、うれしかったです。質問にも丁寧に
答えてくださり、ありがとうございました。
また個展や、寺子屋があるときは、ぜひ参加したいと思っています。
                           BY 大橋

  *0057-01 てらぴか    [12/04/22()-11:58]      
  吉村さん、大橋さん、こちらこそありがとうございました
これを機会に、また展覧会、てらこや、えんがわ、へどしどし遊びにいらしてください。


*0056  はちみつ [北海道]     [12/04/21(金)-17:10]      
おひさしぶりです。
おひさしぶりです。
覚えていますか・・・?

4月に引越しをしました。
初めての一人暮しです・・・静かなところで気に入っています。

すごく久しぶりなので、どこから読んだらいいかわからない・・・。

さっき、記憶のえんがわにいつてきました。
お返事ありがとうございました。

インスタレーションに興味があって三年ほど続けていたのですが、何かがしっくりこなくて・・・やりたい気持ちばかりで、中心がぼけていたんですね。
今は、少しづつ靄が晴れてきた感じです。

いつか、東京で個展をしてみたいと思っています。
気長の夢です。
特に美術の勉強をしていた訳ではないので、素人くささが抜けません。

でも、まぁ、
私の光を求めていってみようかと思っています。

  *0056-01 てらぴか    [12/04/22()-11:57]      
  はちみつさん、おひさしぶりです、ようこそ! はちみつっていいなまえ
実は、このところ、僕の食品ブームは、「はちみつ」
毎朝食しています
美術は、美術を勉強した人だけのものでは決してないので、どんどん、自由に、気軽につづけてください!


*0055  かよ [近畿]    [12/04/21(金)-00:46]      
星占い
展覧会で見た生の絵は確かに迫力がありました。
でもやさしい印象を受けるのは水彩とおんなじで、心が和みます。
officeで使っているマウスパッドにてらぴかさんのポストカードをはさんでます。
(これもちょっとしたヒーリング剤かしら・・・)
ところで昨日のToday'sTerapikaで紹介されていた星占いを見てみました。
なんだか思わず真剣に読んでしまいたくなる文体ですね。
ん〜これからもチェックしてしまいそうです。

  *0055-01 てらぴか    [12/04/21(金)-11:12]      
  かよさん、ナマ体験、ありがとうございます。
ナマ、の絵には印刷やメディアに載ることに伴う情報量の削減を一切されていない分、僕自身さえ気もつかない、たっくさんの情報がつまっていて、それを見てくださる方のフォーカスの当て方によって、様々なナニカを伝えてくれるものと、信じています。ケイナーさんの占いの文章も、まさに、取り方によっていくらでも変容する、不思議な文章なので、おもしろいです。マダム・ムスタシュに感謝です。


*0054  ともこ [東京]     [12/04/20(木)-14:05]      
素敵!!

展覧覧会の作品一覧見せて頂きました。
もう、とっても素敵!!あ〜やっぱり行くことにしてよかった。
ミモザの絵もKINDER ANGELもいいですねぇ〜。
ピガの時もそうだったのですが、テラピカさんの絵は黄色とかオレンジの絵が
とても気になります。普段はブルー系が好きだし、誕生日の天使の絵も
ブルーだったのですが・・・。
あと、2週間私が行くまでみんな待っててねぇ。

  *0054-01 てらぴか    [12/04/20(木)-15:58]      
  いやあ、deepsea君は大変だったと思うけど、やっぱり絵をこうやって見てもらえるってのが、インターネットのいいところですね!
そうして、ともこさんのように、ナマを見に、移動してくれるとなると、
ほんと、“てらぴかのえんがわ”をやった甲斐があったってもんです。

  *0054-02 みおこ [愛知]    [12/04/20(木)-19:46]      
  こんにちは!ともこさんとてらぴかさん。
わたしも、展覧会の作品一覧、見させていただきました。
キレイでしたねえ。
私もともこさん同様行こうと思ってよかった〜、って思いました。
インターネットのなかでなく本物を見たいです。
う〜考えるだけで、しあわせ、たのしみだあ。
てらぴかさんの絵はやわらか〜い、あったか〜い感じがするので、見てるだけでほっとします。
ともこさんは、2週間後に行くそうですね。と、いうことは、大体ゴールデンウイークのあたりですね。
私もそのあたりに行こうかと計画しています。
行ったついでにお姉ちゃんの顔もみてこよっかなあ。(奈良に住んでるんです)


  *0054-03 みおこ [愛知]    [12/04/20(木)-20:03]      
  見にくくて、ごめんなさ〜い・・・!!!

  *0054-04 ともこ [東京]    [12/04/20(木)-20:13]      
  みおこさん。
私は5月5日の午後3時から6時の間、てらぴかタイムに伺う予定です。
もし会えたよろしく・・っていっても誰だかわからないかっ。


*0053  Mariko    [12/04/20(木)-08:48]      
☆こんにちは
なんだかここがすっかり久しぶりになってしまって
忘れられてないかしらん。私。。。
それにしても縁の話はつきませんが、おうぐうさんとイベントを
ごいっしょさせていただくことになるなんて。。。。
サレジオに行く前に話はまとまりそうですねぇ。ほんとにびっくり!

「青山墓地の幽霊、見ました。、、、なんて綺麗!」
まったく同じ感想です。
ほんとにきれいですてきですね。幽霊の絵でこんなに怖くなくて
夢を感じてしまうほどの絵はテラピカさんにしか描けないかもですね。
桜のピンク色がなんだか輝いていて幻想的でうっとりしてしまいます。

wakakoさん、個展来週だったのですね。。。私も行くつもりです。

  *0053-01  [東京]    [12/04/20(木)-09:51]      
  Marikoさん、こんにちは。
天使のお茶会のことを教えてください! 毎月行われているのですか?

  *0053-02 てらぴか    [12/04/20(木)-15:55]      
  Marikoさん、おひさしぶりです。
文字通り、えんがわから縁が広がってってる様子、頼もしいかぎりです
幽霊? かどうか自分ぢゃわからないですが、実は
パルコの日本グラフィック展で大賞を頂いた絵「潮先」も、幽霊を描いたもので
最初は「海水浴の幽霊」というタイトルだったんです。
僕は、目には見えないけれど、確かに感じる「気配」を「絵」にするのが好きみたい。

  *0053-03 Mariko    [12/04/20(木)-21:27]      
  朋さん、こんにちは。
「天使のお茶会」という名目では半年に1回くらいでやりたいなって思ってますが
コンサートは毎月やることになったのでよろしかったらぜひ!
毎回いろんな趣向でやっていきたいとみんなで作戦を練るところです。
5月はどうなることやら。。。日にちは12日13日に決定ですが。
おそらくおうぐうさんが登場されるのはまちがいないでしょう。

てらぴかさん、「海水浴の幽霊」ってよく耳にしてましたが
どんな絵なのでしょう?画像で見れたら見たいな。。。
いいないいな大阪行く人。
でも私だって行けるか行けないか最期までわからない。うりゃ!
ほんと油のしゃぶしゃぶ感が生で見れたら感激だろうな。すてきですね!
それにしてもテラピカさんちのタマゴが孵化してプチドラゴンが育って
旅立っているのでしょうか。。。。

  *0053-04 おうぐうてんけい [東京]   [12/04/20(木)-22:57]      
  そうなんですね。えんがわの縁で、天使のコンサートにまでつながっちゃいました。三枝庵主もお書きになっていたとおり、ピカさんの縁力は凄いです!marikoさんも、ご紹介戴いた石崎さんもピターッと繋がっております。
私はもう、こちらのえんがわには足を向けて眠れません。ありがたや、ありがたや!手を合わすばかりでございます。では。

  *0053-05  [東京]    [12/04/21(金)-09:23]      
  Marikoさん、平日だったら、ぜひ聞きにいかせていただきます。
おうぐうさんともお会いできるのですね! 
それにしても、東京に住んでいるみなさんも、てらぴかさんの展覧会に行かれるですね。うらやましい〜。わたしはmillennium angelが気になってしかたがありません。


*0052  かよ [近畿]    [12/04/19(水)-23:33]      
おはつです
はじめまして、てらぴかさんの絵と出会ってまだそんなに経っていませんが、すっかりその魅力にハマっています。
メールにてGWの「お絵描き教室」の申し込みをさせていただきましたが「えんがわ」への書き込みは初めてです。(ドキドキ)
先週末、心斎橋の「ギャルリ・ムスタシュ」へ行ってきました。
閉館?間近にもかかわらず、画廊の方は快く迎えてくださいました(ほっ)
てらぴかさんの絵を生で見たのは初めてでしたのでめちゃ感動でした。
絵はもちろんのことひとつひとつの額装も素敵ですね。
開催中にまた行きたいな!
それでは失礼いたします

  *0052-01 てらぴか    [12/04/20(木)-15:52]      
  かよさん、“えんがわ”へもようこそ!
初めてのナマはいかがでしたか? おもいのほか、迫力、あったでしょう?
てらこや、愉しんでいただければ幸いです。


*0051  よしえ [東京]     [12/04/19(水)-00:37]      
土曜日が待ち遠しい!
てらぴかさん!
大野一雄さんの踊りを生でご覧になったことがあるなんてうらやましいです〜!
確かもう90歳を過ぎているはずですが、まだ現役で踊られているのですよね。
機会があったら私も絶対に観たいと思いながら、なかなかチャンスがないのです...(残念)

ところで、私はいよいよ明日から九州出張に出発します。
そして21日(金)の夜、なぜか(笑)新神戸で途中下車して1泊し、
22日の土曜日にJ&F → しょくどう・ささき → 大丸ミュージアム →
カフェ・ハーンホフと神戸を堪能してから、ムスタシュにお伺いする予定です。
#毎度のことながらちょっとハードスケジュールかなぁ(笑)

今回は神戸のてらぴかファンのお友達(はじめちゃん)と一緒にお邪魔するのですが、
3時過ぎだったらてらぴかさんにお会いできるでしょうか?
今からもうわくわくして土曜日が待ち遠しいです。

そうだ!もしお会いできたら、このまえ町田さんにサインしていただいた
「耳そぎ饅頭」にも「へらへらぼっちゃん」同様、てらぴかさんのサインを
お願いしてもよいですか?
OKしていただければまたまた完璧サイン本の完成(^^;

サイン会での町田さんはちょっとお疲れの様に見えましたが、にっこり笑って
握手もしてくださいました。
#ホントはサイン会とか苦手なんじゃないのかしらん...。なんて思いつつ。
いつのまにかオフィシャルのホームページもできてますね。
奴凧にはいつ登場するのかこちらも楽しみにしています。

なんだかまたまた長くなってしまいました。
明日は朝早い飛行機なので、もう寝なくちゃ。
お返事を待たずにお願いだけして逃げちゃうみたいでずるいかな(笑)

  *0051-01 みえだ [京都]    [12/04/19(水)-06:01]      
  よしえさん、こんにちは。
前に書いていただいた京都の今宮神社の鎮花祭は、たぶん京都三大奇祭の一つ「やすらい祭り」のことだと思うのですが、残念ながら僕はまだこのお祭りを見たことがありません。ちょうど10日ほど前に行われてたんですけどね・・・。なんでも桜や椿の花を飾り付けた風流傘をもってねり歩き、その傘の下に入ると厄除けになるという話です。古人は、桜の花が散る様に疫病の流行る様を重ねて見たらしく、これを鎮めるために花の精に祈ったというのが始まりのようです。中世の芸能の姿をとどめていて、そのへんが奇祭といわれる所以なのですが、なにぶん僕は見たことがないので、よくわかりません。僕がよくわかっていて、確実な情報としてお伝えできるのは、この神社の境内がお昼寝にとてもイイということと、参道の茶店の名物「あぶり餅」がすこぶるおいしいということです。今宮神社は数ある京都の神社でも僕のおすすめの神社の一つです。

  *0051-02 おうぐうてんけい [東京]   [12/04/19(水)-08:33]      
  よしえさん、みえださん、おはようございます!
町田さんのサイン会にいらしたとか?てらぴかさんとのWサインで、
完璧サイン本!それは素敵!私も今度してもらおうっと。
みえださん!おひさしぶりです!
「あぶり餅」大好物です。あれはすこぶるおいしいですねえ。
化野念仏寺前の「みたらし」、御池の「御池煎餅」などもよろしいかと。
お菓子研究家?になろうかと思っていたこともあるくらいお菓子が好きでして。
失礼いたしました。おっと、庵にお帰りですか?素晴らしい庵ですねー。
またお伺いますのでよろしくお願いいたします。

  *0051-03 てらぴか    [12/04/19(水)-11:50]      
  よしえさん、もう出発されたでしょうね、返事遅れました
土曜、3時〜いますので、ぜひ!

  *0051-04 みえだ [京都]   [12/04/20(木)-14:58]      
  おうぐうさん、しばらくです。<茶室>のぞいていただいて、ありがとうございます。さすがに京都もお詳しいですね。ぜひまた京都へも、<茶室>へもお立ち寄り下さい。


*0050  maripooh [岡山]   [12/04/18(火)-23:50]      
出来事
個展を見る為に地下鉄を降りた心斎橋の駅で、岡山の会社の同僚
(枚方に長期出張中)にばったり会ってしまいお互いにびっくり!
岡山でもめったにばったりと会う事ないのに。
その友人は、いとこに大阪を案内してもらってたそうで、
そのいとこさんは、なんと油絵に興味があるそうなので、
3人で画廊に伺う事に。
いとこさんの案内ですんなりと画廊に到着しました。
帰る前に記帳したのですが、その方の名前が「縁」と書いて
「ゆかり」さんだそうです。
ステキで、印象に残る名前ですよね。
おぐうてんけいさんによれば、ここも「てらぴかの縁側」だから
ねーって話しで私もなるほどと思いました。
何かに導かれたような楽しい偶然がいっぱいでした。

そう言えば、画廊の女性と少しお話をさせてもらいました。
とってもステキな方ですね。

次は是非てらぴかさんにお目にかかりたいです。

  *0050-01 てらぴか    [12/04/19(水)-11:54]      
  ああ、な〜るほど
「縁」の文字は芳名帖でも目立っていましたので憶えています。「ゆかり」と読むのですか、そのころtoday'sで、「縁」の話をしていたばかりだったので、面白いなあと思っておりました。
ぜひ、また来て下さい。こんどはお目にかかりたいものです。


*0049  みおこ [愛知]     [12/04/18(火)-23:03]      
にょきにょき
こんにちは!
家の庭では、今、どうだんの花がさきほこっています。
もうすぐで、牡丹の咲く季節ですね。楽しみだ。
桜の花も散ってしまったけれど、今は若葉がにょきにょき。
これも、花とは違ってキレイですよね。
部活をやる最終下校時刻も5時45分となり、日が長くなった事をしみじみ感じます。
ちなみに、私は、中学校2年生です。
この頃、風邪をひいてしまって、えらいえらい。(わーめっちゃ、名古屋弁!)
授業もまぬけ面でうけています。(ちょびさんの風邪葉もうよくなったのでしょうか?よくなったといいですね)
あー鼻の下がイタイよーー。
外出したくても、だるいからなあ。
そんなわけでまだ『かごめドリーム』は手に入っておりません。しくしく。
       早く、回復しなくては!!
                        そりでは・・・・
 

  *0049-01 てらぴか    [12/04/19(水)-11:58]      
  わー、みおこさんは、中2! えんがわでは最年少かな?
ちがったら、名乗りあげてください、そこのお若いの!
「かごめドリーム」、展覧会場には用意しています。
早く治るとよいです、

  *0049-02 ちょび     [12/04/19(水)-14:17]      
  みおこさん、こんにちは。私の風邪を心配してくれて、どうもありがとう。うれしいビックリでした。風邪はまだ治ってないんですが、そろそろ用心しつつ出かけ始めてます。みおこさんもお大事にね。鼻の下が痛いって、わかる、わかる。(^^)
ところで。私は中学生の時くらいから自分はなんと野暮なのであろうと嘆きつつ、ではカッコイイとはどういうことか?という問いを胸に彷徨ってきたのですが、今日ひとつ答えが見つかりました。中学2年でえんがわへの参加。これはすごくカッコイイ!ですね。

  *0049-03 みおこ [愛知]    [12/04/20(木)-20:10]      
  そんな、いやはや、てれます! (そんな事ないですよお)
わたしの風邪はもうほとんどokです
ちょびさんもお大事に・・・
カッコイイという事はどういうことなんでしょうね。
私にもよく、分かりません。
簡単そうで、とってもムツカシイですよね


*0048  さゆり [奈良]   [12/04/18(火)-16:44]      
やっと!
お久しぶりです。
土曜にムスタシュ行きました。画面から、ぱぁーっと明るい光が出ているみたい。
あとから思いついたのですが、昔のフレスコ画などが復元されたときに、素晴しく鮮やかな色が出て来たりするでしょ?あんなくらいに鮮やかだなーと思ったのです。(うまい表現ではないのですが…)目に美味しいというか。
**
日曜に明日香までいってきました。「春」そのもので、とてもよかったです。
帰りには温泉にも入ってきたし。誕生日も過ぎてパワーアップの春です。
夜の桜もみにいきたいなあ。白く浮かび上がった妖艶な桜を。

  *0048-01 てらぴか    [12/04/18(火)-21:08]      
  さゆりさん、お久しぶりです
画廊でお目にかかれず残念・・・
明日香か〜 高松塚とかも行かれました?


*0047  wakako [神奈川]     [12/04/17(月)-23:47]      
見ました〜
青山墓地の幽霊、見ました。、、、なんて綺麗!
異世界の感じがどうーっと漂っているのに、、なのに軽くて、なんだかキュートです。、、、幽霊というより、精霊みたい。。。でもよく見ると、やっぱり、異世界との「ハザマ」に見えかくれしている幽霊さんなんだろうか、と思える。
てらぴかさんに描いてもらいたくて、一瞬、「てらぴか周波数」にきゅっ、とチャンネルあわせて、彼女、出てきたんでしょうかね〜。

わたくしと、サクラ満開の青山墓地とのささやかな御縁(?)話しですが、
数年前、ある雑誌に、持ち込みに行く時、(青山だったので)
桜の満開の青山墓地を通過していったんですね。その時、
「ここに眠っている人で、いい絵を描いていた人、気が向いたら、
 私が絵を描く事を応援しておくんなさいまし、、、、」
と思ったんですね。(他力本願じゃのう、、、)
そして、そのお願いがきいたのか、どーなのか(笑)
持ち込み玉砕が続く中、そこからだけ、やっとこさ拾ってもらえたのでした。
そんなエピソードでした〜。ほんと、ささやかな御縁なんですが。。。

『天使からのおくりもの』買いました!
もう表紙にまず一目惚れ。水色にすいこまれそう。
おうぐうてんけいさんのメッセージは
一輪一輪、大事にとって、胸に抱きたい花のようなメッセージでした。。。
てらぴかさんのイラストも、いいようぅ。特に、20、42、56ページのイラスト、何度も何度も見返してしまいました。

う〜〜〜、大阪、いきたいなあ、、、

  *0047-01 おうぐうてんけい [東京]   [12/04/18(火)-11:04]      
  私の20、42、56ページの挿し絵凄くいいと思います。
wakakoさんと同じでなんども見返しました。
もちろん、全部いいですね。
胸に抱きたい花のようなメッセージ!
そう感じて下さったwakakoさんを心の中で
抱きしめてしまおうかしら。ギュッ!

  *0047-02 てらぴか    [12/04/18(火)-13:27]      
  墓地で死者に頼みことするなんて、wakakoさん、ツワモノ〜
でも、よかったですね!
たしかに、僕も、そういうことってあると思います。
僕自身、新しい、モティフや、技法にチャレンジするとき、別に調べものとかしてなくても、するすると、どうやったら良いのか、わかってしまうことがままあって、そういうとき、僕は、過去の画家たちが教えてくれてる、と確信してしまいます。自分の分をしっかり進めていれば、かならず、死者(というか先達)が応援してくれる。僕は、彼らを、絵の「実行委員会」と呼んでいます。
彼らは、僕を通じて「絵」を実現しているのかもしれませんし・・・
なので、描きたい絵の傾向に合わせて、「モジ」を呼んだり、「マティス」をよんだり、「ゴッホ」を呼んだり、「フジタ」を呼んだりしています。

  *0047-03 おうぐうてんけい [東京]   [12/04/18(火)-14:37]      
  てらぴかさん!
そういうことを、ちゃ・ね・り・ん・ぐ
というのでございます。わたくしと、
お仲間でいらしたのね。ほほほ!

  *0047-04 てらぴか    [12/04/18(火)-18:17]      
  え?! これ、ちゃねりんぐ?!

  *0047-05 wakako [神奈川]    [12/04/19(水)-00:17]      
  ほほほ!(楽しいので参加してみた)

  *0047-06 ともこ [東京]   [12/04/19(水)-10:29]      
  行こう行こう、大阪一緒にいきませう。
5月5日、子供の日、今年はこの日にまたグランドクロスのような惑星のエネルギーが高まる日と聞きました。
そうそう、おうぐうさん、wakakoさん、土曜日はお会いできて嬉しかったです。
雨の中ありがとうございました。
wakakoさん、来週火曜日、終わり際に駆け込みますので待っててね。


*0046  mar [愛知]    [12/04/17(月)-16:31]      
おはずかシイ・・・
今、カキコしたのだけど、あまりのうれしさに
字がとてつもなく大きくなってしまいました(*・_・*)
びっくりして、恥ずかしくなったのでまた書いちゃいました。。。

  *0046-01 てらぴか    [12/04/18(火)-13:28]      
  僕はおっきな字、大好きです!


*0045  mar [愛知]    [12/04/17(月)-16:27]      
お久しぶりです☆
てらぴかさ〜ん!!!!!
またここに来ることができてうれしいです!
ある日突然ネスケからのアクセスができなくなってしまって、
かなりのショックを受けていたのだけど、
EXPLORERで行ってみよう!と思いついて、成功しました\(^O^)/
そしてもう一つ、すっごくうれしいことに、
ゴールデンウィーク中の大阪行きが決定しました!!
4、5日に行きます。5日は金曜日。っということは・・・
てらぴかさん、金曜日はいらっしゃるかもしれないんですよね!!?
お会いできたらすごくすごくうれしいです☆☆☆

  *0045-01 てらぴか    [12/04/18(火)-13:30]      
  marさん、おひさしぶり、またちょくちょく寄ってください
5日も、僕は3時〜6時は確実に画廊にいます。声かけてくださいね
顔わかんないから、
楽しみにしています


*0044  ちょび     [12/04/16()-13:24]      
『かもめドリーム』とのシアワセな新婚旅行、その後のしょんぼり
網の目のようにはりめぐらされたご縁により私に嫁いできてくれたカメ及びツルとバリから帰りました。うーん、カメも良いしツルも良い、ツルも良いしカメも良い! この2冊の魅力が重なり合った様子がスバラシイです。てらぴかワールドのプリミティブ、ピュアな魅力、堪能しました。「青山墓地の幽霊」はハッとした絵の一つでした。個展も好評及びご盛況のようで、おめでとうございます。私も早く見せていただきたく、楽しみにしています。
ところで、ご存知の方も多いと思いますが、バリのニュピと呼ばれるお祭りは今年は4月4日でした。地獄の主神が悪霊の国を掃除するため悪霊たちがバリに逃れてくるので、島中を浄化しなければならず、3日間大掛かりなお祭りを執り行うそうです。私がバリに着いたのは7日で、ニュピが終わった直後。島中が虚脱放心という感じでした。なので、一言で言うと、バリの印象はなんかつるつる、私のタマシイはそんなに揺れなかったのでした。オゴオゴと呼ばれる山車がまだ片付けられずに置いてあるのを所々で見ましたが、ニュピに合わせてバリに出かけなかったことを心から悔やみました。旅行を計画する際、いつものようにさっぱり良くないアタマで決めたからだと思います。やはり自分のタマシイに訊いてみなくちゃいけませんね。
帰ってきて三枝さんのまたまた深いお話にうなり、しばらく書込みを拝見しないと思っていたら、東京に行ってらしたのですか。いつも深いお話にタマシイ揺さぶられております。私もバリから戻って慌てて桜を見に行き、うまく体温調節ができず、今けっこうひどい風邪を引いてしまっています。でも、しょんぼりというのはこのことではなくて、yoyoさんの書込みを拝見し、ブエナビスタソシアルクラブの大阪公演のチケット予約の日が近いことを思い出し(yoyoさん、ありがとうございました!)、いろいろ手を尽くした挙句、結局入手できなかったからです。するすると萎む明日への活力。ま、でも、8月の公演日まで強く強く願っておきます。あーなんだかダラダラと書き込んでしまって、すみません。

  *0044-01 ちょび      [12/04/17(月)-13:29]      
  た、大変申し訳ありません!! m(_ _)m
スバラシイと絶賛しながら、ご本のお名前を書く時、ちょっと意識がどっかに行ってしまっていたのか・・・間違えてます。デリカシなくて、本当に申し訳ありません。皆さんもうよくご存知のように、正しくは『かごめドリーム』です!

  *0044-02 みえだ [京都]    [12/04/17(月)-16:45]      
  ちょびさん、こんにちは。
『かもめドリーム』、笑ってしまいました。でも、それもいいなあ〜。いずれまた使わせていただくこともあるかもめ。
風邪、お大事に。

  *0044-03 てらぴか    [12/04/18(火)-13:38]      
  ちょびさん、おかえりなさい、風邪いかがですか?
風を食べたついでに、風邪も食べてしまいましたか?
「かもめドリーム」、わかるわかる
というのも、僕自身、「かごめかごめ」の歌で、
かごめかごめ、かごの中の鳥は、
という文句が出てくるので、その鳥は「かもめ」だとずっと信じていました。
で、大学生の頃か、友人に「かごめ」が、籠の目、だと教えられ愕然としたのです。カゴメ・トマトジュースなどの紋に使われてる「籠目」は、正三角形を逆さに2個組み合わせた、いわゆる「ダビデの星」のマークです。
ちょびさんも、おそらく、バリで鶏に被せた大きな籠に、その星をたくさん見つけられたのではないですか?
僕にとっては、「かもめ」と来ると「ドリーム」ではなくて「ブルース」、
楽市楽座、という大阪の劇団のお芝居に「かもめブルース」というタイトルのがあって、とっても素敵でした。


*0043  みえだ [京都]    [12/04/16()-04:31]      
東京に行ってました
しばらく東京に行っていて、昨夜遅くに京都に戻りました。ちょうど京都の桜が満開を迎える前に東京へ向かったのですが、東京の桜はすでに散っていました。そして昨夜、最終の新幹線で京都駅に着き、タクシーに乗ると運転手が、「明日は朝から雨やさかい、桜も今晩かぎりでんなあ」などと言います。これは大変!このままでは僕は、今年は満開の桜を一目も見ることなく終ってしまいます。いくら僕が五分咲きが好みといっても、さすがにそれは悲しい。というわけで、家に着き荷物を置くと、すぐに一人自転車に乗って人気のない深夜の公園に桜を見に行きました。真っ暗な公園で白い桜の花を見ていると、確かに、花見の宴には赤白の幕を張るよりも、黒白の幕を張る方がきっと美しいなあ、などと思ったりして、梶井基次郎や坂口安吾の言葉が納得できました。

留守中<茶室>をおたずねいただき、ご感想など書き込みしていただいたみなさん、どうもどうもありがとうございました。とりあえず今回はまとめての返信で恐縮ですが、ぜひ次回もまたいろいろご意見ご感想などお寄せ下さいませ。

  *0043-01 てらぴか    [12/04/18(火)-13:43]      
  三枝さん、おかえりなさい
確かに、黒白幕は似合うでしょうね、
ただ、紅白幕でも、なんとか似合うのは、桜の花色が、青系のペールピンクなので、赤とハレーションを起こして、風情を出すからかもしれません。
いずれにせよ、ちょっと異常な花に違いありません、サクラ。


*0042  maripooh [岡山]   [12/04/15()-23:41]      
個展見て来ました。
とぉーってもステキでした♪
いつもながら、うっとりする色使いですね。
今回のお気に入りは水色のステキな天使でした。
いつかは買うぞー!
今日はいろいろおもしろい出来事もありました。
天使のいたずらのような。
またゆっくりと書き込みさせていただきます。
取り急ぎ報告でした。

  *0042-01 てらぴか    [12/04/18(火)-13:45]      
  タッチの差で、お目にかかれませんでした、ザンネン・・・
おもしろいお話、ぜひきかせてくださいね!


*0041  みおこ [愛知]    [12/04/15()-09:59]      
しあわせ2ばい!!
おはようございます!初めまして、てらぴかさん。
こちらは、今、雨が降っていてけっこう寒いです。
これじゃあ、桜の花が散っちゃうよ。残念。
桜と言えば、この間、夜桜を見に行ってきました。川面にいっぱい花びらが浮かん
でいてとっても綺麗でした。
ミツキさん、朋さんが言っていた、桜の木の下には・・・は、私も夜桜を見ていて
そう思いました。桜は、綺麗すぎて妖しいですもんね。
それから、お二人から紹介されていた本を是非読んでみたいと思いました。
(本がすごく好きなんですー・・・。あ、関係ないか・・・)
それはそうと、どうして桜は水辺に多いのかな?

そういえば、かごめドリームが今や幻の本と化してるって本当ですか!!
そうだったら、ひえー!!
「てらぴかさんの本は、いい事あった日に買おう。そしたら、幸せ2ばいだあい」
とか、思ってたんですよ。・・・よーし、明日ぐらい本屋さん言ってくるか!
                  いい事あったしね(^^) 

それから、てらぴかさん、今やっている展覧会ぜひ、行きたいと思っています。
少し遠いけど、がんばるぞお!でも、部活がなあ・・・・。
とにかく、楽しみです!!てらぴかさんに会えるといいけれど。

             それでは、会える日を楽しみにして・・・

    追伸:天使のカレンダーの天使をさがす毎日です。
       9月4日の天使さん好きだなあ。


    



 

  *0041-01 てらぴか    [12/04/18(火)-13:52]      
  はじめまして、みおこさん、
部活? 高校生?

どうして桜が水辺に多いか?
これについて以前、友人から聞いた話が本当だとすれば、答えはこうです。
日本は大小、川が多いのですが、その近くで暮らす人達にすれば、その川の氾濫が最大の心配事。現代のように、なんでもかんでもコンクリで固めちゃうことをしなかった当時、川岸の地盤固めは、桜によって成されたのです。つまり、桜を植えると、春、そこにたくさんの人が集まってきます。その人達が足で踏みしめて、地盤が固く安定するってわけ・・・と、今、書いていて、ほんまかいな〜と疑問に思えてきました。今まで信じてたんだけど・・・

天使のカレンダー、ありました? かごめドリームは?


*0040  yoyo      [12/04/15()-01:37]      
くっすん
ブエナビスタソシアルクラブ、チケット取れなかった(涙)
おまけに愛自転車に鳩の糞。
縁がなかったのかしら、それともキューバまで来いってことかしら、、、

チャチャチャチャンチャン、タラバガニ〜

寺門さんは取れましたか???

  *0040-01 てらぴか    [12/04/18(火)-13:55]      
  気付いたら、終わってました、チケット売り・・・
だいたい、欲しいチケット、買えたためしがないです
ぷんぷん!
(買いにいかないから買えるわけない・・・)


*0039   [東京]     [12/04/14(金)-17:49]      
桜の樹の下
「桜の樹の下には屍体が埋まっている!」というのは、梶井基次郎の「桜の樹の下には」の冒頭部分にあります。これは古くからの言い伝えなのかしら、それともこの作品から派生したことなのかしら? とっても短い作品ですが、桜の妖しい気配が伝わってくるようです。

  *0039-01 ミツキ [兵庫]     [12/04/14(金)-22:29]      
  私は『桜の木の下』と聞くと、坂口安吾の「桜の森の満開の下」を思い出します。ずいぶん前に読んだのですが、最後には、散った桜の花びらが女の人の屍体に降りつもって、その姿を消し、生きていたはずの男の人の姿も消してしまうんです。
こういう妖し気な話もあるけど、この時期は、やっぱり桜に目が行きますよね。電車から外の景色を見ていて思ったんですけどね、花が咲かないと気が付かないけど、桜ってあちこちに咲いていますよね?!きれいな黄緑色の葉も出て来て、いい感じです。

  *0039-02 WAKANA [関東]     [12/04/15()-11:59]      
  朋さん、ミツキさん、はじめまして。
私も「桜の木の下」って聞くと「桜の森の満開の下」思い出します。
あの作品を読むと、桜に対して印象がただ綺麗ってだけではなくなりますよね。
遠い記憶の彼方に、桜ってお米?の神様が宿っているというような話を
聞いたことが…記憶ちがいでしょうか。知っている方、いらっしゃいます?

  *0039-03  [東京]     [12/04/16()-07:51]      
  ミツキさん、WAKANAさん、こんにちは。
ほかにも桜にまつわる作品がありそうですね!! どなたかご存知ありませんか?
ということは、昔から言われていることなのかしら?
それから桜とお米ってどうつながるのかしら? わたしも知りたい!!!
桜の妖しい気配を察して、画家は絵を描き、作家は文を書くのですね。
(もちろん私は、飲んで食べました)

  *0039-04 よしえ [東京]     [12/04/17(月)-23:37]      
  ミツキさん、WAKANAさん、朋さん、はじめまして。
去年、日比谷公園の緑の相談所で開催された「桜を生ける」という講習会に
出席したのですが、桜を生ける(アレンジメント)だけでなく、桜にまつわる
興味深いお話もたくさん伺う事ができて、とても充実した内容でした。
その中に桜とお米に関するお話もあったのを思い出して、ちょっと資料を
探してみました。

サクラの語源は有名な「木花之佐久夜毘売」(木花之開耶姫:コノハナサクヤヒメ)
のサクヤから変化したと言う説以外にもいろいろとあるようなのですが、
サクラのサは早苗、早乙女のサで、穀霊(田の神)を意味し、クラは神座で
田の神の依代ということから、サクラと呼ばれるようになったと言う説も
有名だそうです。
上古・奈良時代以前には、常緑樹や巨木は神の宿るもの、花が咲くのは
神の象徴と考え、咲く花・散る花、これすべて神の示神とし、それによって
年の豊凶を占い、桜の花をイネの花の象徴としたそうです。
収穫祭や鎮花祭はこのような考えから発生したのでしょうね。
おもわずてらぴかさんがおっしゃっていた「祭」の意味を思い出しました。
京都の紫野の今宮神社には今も鎮花祭が残っているそうですが、
京都にお住まいのみえださんはこのお祭りの詳しい内容をご存知ですか?

それから、私は「桜の木の下」と言うと、数年前にTVで観た、桜の木の下で
踊る大野一雄さんの姿を思い出してしまいます。
怪しいくらいに美しい満開の桜の木の下で、ゆっくりとした、踊ると言うのか
演じると言うのか、微妙な不思議な動作を見ているうちになんだか夢の中に
入っていってしまったようで、気がついたらボーっとしてしまったのでした。

  *0039-05  [東京]     [12/04/18(火)-10:13]      
  よしえさん、こんにちは。
早速のレスをありがとうございます! 
やっぱり花といえば桜なんですね。納得。鎮花祭のことも知りたいです!

  *0039-06 てらぴか    [12/04/18(火)-14:02]      
  たーしかに、桜、といえば、その二人の作品が強烈です、と思うものの、呼んだのがずっと以前なので、内容を覚えてなく、さっき、改めて、立ち読みしてきました! なんという熱心さ! レスのためにそこまでするとは・・・
で、立ち読みするだけのことはありました。
桜は、魔性!
うわあ、大野一雄さん、まさしく魔性!
ずっと以前、銀座の小さな小屋で、大野さんの踊りを拝見したことがあります。
怖さ美しさで、泣きそになりました、若い僕・・・

  *0039-07 WAKANA [関東]    [12/04/22()-12:16]      
  よしえさん、はじめまして。WAKANAといいます。
桜の語源資料、ありがとうございます。
やっぱりそうだったんですね。
すごく記憶があやふやだったんで、自信なかったんですけど。良かった♪


*0038  ともこ [関東]     [12/04/14(金)-14:21]      
さくら
今日のTIDAY'S、長年の私の疑問が解けました。
ずーっと昔、子供の頃、さくらの樹は花が咲く前に樹液がピンクに
なるという話を聞いたことがあると思っていて、毎年さくらの頃になると
そのことをおもいだすのですが、公園のさくらの樹の皮を剥ぐわけにも
いかず、この話は本当なのかどうか長年の懸念事項だったのです。
やっぱり、本当の話だったんですね。
あ〜、さっぱりした。

さっき、昼休みにGWの関西行きの新幹線のチケットを手配してきました。
5日の午後あたりに伺いたいと思っています。
テラピカさんいらっしゃるでしょうか?

いよいよ明日は「天使のお茶会in青山」です。
よく考えたら青山墓地のすぐ近くですね・・・ふふふ・・
さくらの精も来てくれるでしょうか?
wakakoさん、おぐうてんけいさん、お会いできるの楽しみにしています。

  *0038-01 おうぐうてんけい [東京]   [12/04/14(金)-15:46]      
  はい!わたしも楽しみです。

  *0038-02 wakako     [12/04/14(金)-22:11]      
  おいらも〜。どうぞよろしく〜。

  *0038-03 てらぴか    [12/04/18(火)-13:57]      
  ともこさん、5日は、3時以降6時までなら確実にいます
ぜひそのころに〜


*0037  おうぐうてんけい [東京]   [12/04/14(金)-00:38]      
桜といえばコノハナサクヤ
桜の女神様と言えばコノハナサクヤ姫がとても有名ですよね。
しかもこのお姫様はあの富士山の女神とも言われていて、
綺麗と言えばこの方を言うくらい。
この方にお姉様がいらして、お名前を岩永姫とおっしゃいます。
このお姫様は話しによると、妹君と一緒に天皇の元に嫁ぐのですが
お姉様は、振られてしまう、と言い伝えられております。そして、
その訳はお姉様が醜かったから。と。
この、お姉様が奉られているのが、八ヶ岳です。上に記した一般に言い伝えられて
いるお話しと少し違う話しが、残されています。
よく、八つ裂きという表現を耳に致しますが、これは、元々八ヶ岳が日本一、高く
美しい御山であったので、富士山がやきもちを焼いて八ヶ岳を潰したのだと。
それを、八つ裂きと表現するようなのです。八ヶ岳に行くと感じますのは、醜いから、天皇が姉を振ったのではなく、より美しいお方を神に捧げたのではないかと。
八ヶ岳の麓、大泉の地に残る、美しの森は、かつてその名を斎の森と呼び、その森から見上げる小高い小山は天女山と名づけられております。この、天女山の上空にはいまでも天女が舞い踊っているそうな。天女が羽衣を洗い清めると言われている、天の河原には、八百万の神神が年に一度御集まりになられては会合を開くのだとか。
さて、この地に、もう一つ、日本一、それは古い古い大桜がございます。なんでも、岩永の姫殿はこの桜を棲家とされ、春になるとこの世のものとは思えないそれはそれは美しいみごとな花をおつけ遊ばすそうな。
語りべ:おうぐうてんけい お後がよろしいようで!

  *0037-01 みおこ [愛知]    [12/04/15()-19:44]      
  はじめまして、 おうぐうてんけいさん。
コノハナサクヤ姫が、富士山の女神だとは知りませんでした。
でも、コノハナサクヤ姫はかの有名な海幸彦、山幸彦のお母さんだったりするんで
すよ。
コノハナサクヤ姫は、梢に咲くはるの花という意味があるらしいのです。
だから、彼女は命がとても短いのですが・・・
それにたいして、お姉さんのイワナガヒメは、醜いけど末永く生きるそうです。
なるんだったら、二人をたして2でわった人がいいなあ。
この人達のことは何となく、知っていましたが、おうぐうてんけいさんの八ヶ岳の
話は、全然知りませんでした。そんなエピソードもあったのね。
伝説、神話両方とも素敵だと思いませんか?私は、すごく伝説、神話が好きです。
わーー、自分で書いていて、なんだか、わけ分からなくなりました。
すみませーーん!分かってもらえたといいけれど・・・
それでは・・・・
あわただしくて、すみません。



  *0037-02 おうぐうてんけい [東京]   [12/04/16()-10:34]      
  そうそう、一般にはそう言われているでしょ。
でもね、八ヶ岳行くとそんなことないと解ります。
八ヶ岳に現在いる方にも、お伝えしたところ、
他の見えて(霊視ってこと)しまう方もおんなじ
こといってたそうです。私のは、みえるんではなくて
観じるのですけど。寺門さんとご一緒した、天使の本
2冊のメッセージも、天使からの通信によって書いたものです。
(漢字でかくと凰宮天恵が、私の名前ですが、読み方が解らない
人がおおいので、ひらがなにしています。この名前もメッセージ
で戴いた、御魂名:みたまな、です。)
噂と真実には大きなギャップがある。ということです。
また、経験してみる事、がとても大事ですね。知識ではなくてね。
ホームページに伺いたいのですが、ページが開けませんでした!

  *0037-03 てらぴか    [12/04/18(火)-13:18]      
  おうぐうさん、みおこさん、返信おくれてすみません
それにしても、みなさん、このあたりのことお詳しいですね〜
お茶すすって、菓子ぱくつきながら、こんな会話してるなんて、この“えんがわ”
おそるべし、です
それにしても、こ、の、は、な、さ、く、や、ひめ、なんて、な〜んて
すてきなひびきの名なんでしょう。
僕は、漁業系、海人系なので、姫というと
ハヤサスラヒメ、 とか、 セオリツヒメ、 とか好きです、ひびき、が。


*0036  yoyo      [12/04/13(木)-23:24]      
今年のセツの桜、ゾッとするほど綺麗です。
オオサカムスタッシュはどんな具合なんでしょう。
ひそかに行こうかと計画中です。
ついでに花博も行きたい、、、でもお仕事休めない(涙)ので
近場の高尾山や青梅で木と花と戯れマスワ。

いつかてらこやを西東京あたりスペース62あたりで
開催希望、、、願望、、、、

  *0036-01 てらぴか    [12/04/15()-11:30]      
  セツの今年の桜、自分の目で見たかったです、そんなキレイだったの?
ムスタシュ、いい具合に、進行中
今までの展覧会と、なにか、どこか、ちがう・・・まだうまく言えないけど
そんな気持ちがします。来られるといいのに、
青梅、って、改めて久し振りに見ると、なんて素敵な地名
「オウメ」って読むんですよ、関西のみなさん
てらこや、たくさんできるといいけど、今はいろいろで、なかなか出来なくて
すみません・・・


*0035  wakako [神奈川]    [12/04/13(木)-16:44]      
見たいです〜
てらぴかさん、おひさしぶりです!最近、桜を尋ねまわっておりました。
桜!わー、「青山墓地の、、」見たいです。
おいらにツルはあるけど、カメはなし。。。(カメ、ほしい、、、)
てらぴかさん、写真、見つかったらぜひ貼ってください!
(わたしも、ぢつは桜の満開の青山墓地には、ささやかな御縁が、、、
 残念ながら、見たり、感じたりした訳じゃないんですけど。)
表参道、青山付近には、やっぱなんかあるよーな、、、ピガもあるしな、、

それと、三枝庵、今回のお話もいいですね。。。深いですね。
私は、自分が、どんどん広がってゆく、巨大なタペストリーの中の
ちいさな一本の糸のように思える時があります。
いろんな糸と出会って、いろんな糸と混じり会って、
自分では何がなんだか判らないけど、ものすごく遠方からみたら、
なんか模様になっているんでは、、、、って。
ああ、そんなこと考えたら気が遠くなってゆきそーです。
でもそう考えると、自分の存在もなんだか愛しく思えてくるのでしー。

  *0035-01 てらぴか    [12/04/13(木)-23:22]      
  wakakoさん、ぜひ、桜の青山墓地のお話、ここでしてくださいな、
なんか、今年の桜は、気になります。
去年より、キレイ!


*0034  おうぐうてんけい [東京]   [12/04/13(木)-11:57]      
かごめドリーム
”青山墓地の幽霊”見ました。
かごめドリームの(かめ)
”きょんの翼”に載っていました。
幽霊って感じしなかったので、
TERAPIKATODAY'Sでやっとその
全貌が理解できました。

  *0034-01 てらぴか    [12/04/13(木)-23:23]      
  おうぐうさん、
桜について何かおもしろい話あれば、してくださいな


*0033  WAKANA [関東]     [12/04/13(木)-10:25]      
この間渋谷に行ったんですけど…
文化村で松山バレエ団のチラシがおいてあったんですけど。
寺門さんの作品を使ってるんですね。
すぐに目に飛び込んで来たって感じで、全然知らなかったけど
「絶対、寺門さんのだ!」って近寄って「あ、やっぱり」ってもらって来ました。
これも子供の作品で、かわいらしいですね。

  *0033-01 てらぴか    [12/04/13(木)-11:36]      
  あ、もう出来ているのですか、
昨年から、松山バレエ団の子供の日の公演のためのチラシに、絵を使っていただいています。そうか、「子供」というモティフへ、その頃から向ってたんだな、水面下ではきっと


*0032  maripooh [岡山]   [12/04/13(木)-01:09]      
三枝庵って?(ちょっと小声で聞いてますっ)
何なのですか?
気になってしょうがないので、恥ずかしいけど
書き込みさせてもらいました。
誰か教えていただけませんでしょうか?
無知ですみません・・・

  *0032-01 ミツキ [兵庫]    [12/04/13(木)-09:37]      
  today's terapikaから<三枝庵>には入れます。三枝さんの茶室で、いろいろなお話がうかがえるんですよ。

  *0032-02 てらぴか    [12/04/13(木)-11:42]      
  ミツキさん、ありがとうございます。
maripoohさん、today's terapikaの下へスクロールしていただくと、いろんな情報とともに、緑の文字で、三枝庵という茶室についての説明が現れ、その下に茶室があり、三枝さんが立っていますので、その建物をクリックしていただけると、三枝さんの茶会へ行けます。三枝さんは、「天使のカレンダー」の企画・共著者で、彼については、コンテンツの奴凧から入っていただくと、僕との共犯関係など、くわしく知っていただけるようになっています。
まだ、開かないドアもありますが、かなり、あちこち、奥深くできていますので、ぜひ、くまなく散策してみてください、“てらぴかのえんがわ”

  *0032-03 maripooh [岡山]   [12/04/14(金)-17:48]      
  ミツキさん、てらぴかさん
とっても親切に教えて下さってありがとうございます。

迷路の様なとっても奥の深いHPなのですね。
とってもおもしろーい。
すこし読んだのですが、おもしろそうです。
じっくり読まなくちゃ!

いよいよ明日、大阪行きです。
12時ごろに行く予定なので残念ながらてらぴかさんには
お会いできそうにありませんが、すごく楽しみです。
ではまた。


*0031  ミツキ [兵庫]     [12/04/12(水)-23:09]      
えにし(縁)は好きな響きです。
<三枝庵>へ行く前に、<えんがわ>に来てみたら、エンゲージピクチャーとか、縁とか興味深い言葉が並んでいて、ここにこうやって書き込みしてるのも、私の網の目の一部なんだ、なんて考えていたら、なんだかニヤけていました。
いろんな出来事は、連なっているという考え方を持っていたけど、『網の目のように』だとは想像していませんでした。でも、読んでいて、ホントにもう、そうか〜と思ってばかりでした。

  *0031-01 てらぴか    [12/04/13(木)-11:44]      
  ミツキさん、いつもありがとうございます
ニヤける、ってのがいいですな(老けて)
どこまでも繋がっていきそうな網の目を思うと、気が遠くなります


*0030  おうぐうてんけい [東京]   [12/04/11(火)-19:26]      
恋と鯉の関係
今度の本は表紙にお魚が描いてあります。
そのお魚は、鯉に見えるのです。しかも、
サブタイトルが、恋をかなえる、となって
いるので、恋だから、鯉なのー?とか、
おもしろーいと捕われていたみたい。
そしたら、夫が本を読んでいて、
鯉って、恋の魚で鯉だってよ。と、
叫びました。大和的という、弓道の家元が
お書きになった本に載っていたので、たしか
なお話しのようです。ぴかさんて、凄いなー!

  *0030-01 てらぴか    [12/04/12(水)-11:15]      
  おやおや、恋と、鯉
濃いと乞いと請いと故意・・・
僕も、言葉の世界、とっても好きです、興味深いですな〜(ちょっと老けて)

でも、絵を描いてるときは、な〜んも考えておりません。
なんで、今回、魚に乗ってるのか、僕は知りません。
ただ、自分の思うとおりに、なるような、ならないような、そんな感じにしたくて、スクーターのように、魚に天使を乗せてみました。

絵を描くと、あとで、いろんな方がいろんな絵に育ててくれるので、愉しいです。


*0029        [12/04/11(火)-17:26]      
三枝庵を訪ねて
☆☆縁を網の目のようだと表現されていたのに、とっても納得しました。
私も、チャンスは掴み損ねても、自分に必要ならば必ずチャンスは巡ってくると考えています。自分の準備ができていないと、掴めないってことなのでしょうね。
私はいつもてらぴかさんの個展に行くと、買うとしたらどの絵かな…と考えます。以前、誕生日の前日にpigaでの個展に行ったことがありました。当時の私は(今も)仕事がほとんどなくて、お金がなかったので当然買えませんでした。
そんな思いで絵を見ていたら、ある女性が「明日は私の誕生日なので」と言って、てらぴかさんの絵を買っていきました。
ちょっと落ち込みましたが、てらぴかさんの絵は、まだ私のところに来るには早いんだなと納得。きっと私のところにも、いつか来てくれるでしょう。
☆☆みえださん、ある本によると、「洞窟」は古代異教の典型的な他界・冥府である、とありました。これとマリア様が、どうつながるのかは?です。

  *0029-01 てらぴか    [12/04/12(水)-11:26]      
  僕も、展覧会へ行くと、ときどき買う気で見てしまうときがあるのですが、そうなると、顔は真剣、汗は滲むし、大変です。外見は、気分を害してるように見えるかも、
僕の展覧会でも、そんな風な方がいらして、怒ってるのかな〜とか心配してると、これください、と絵を買ってくださったりします。
絵を買う、という行為にはただならぬエネルギーが往来するようです。


*0028  mi [関東]     [12/04/11(火)-12:38]      
三枝庵
沁みました。すごく。ありがとうございました。
それと、エンゲージピクチャー、いいですね。
私も絶対指輪よりこっちです。

  *0028-01 てらぴか    [12/04/12(水)-11:33]      
  エンゲージピクチャー、僕も推奨します!
な〜んて、うしし・・・


*0027  Rie/K [近畿]   [12/04/11(火)-02:24]      
おひさしぶりです♪
SONEbiを高3になったので、週6にしました、、、。くたくたです。土日に、あるので、無休になりました、、、。水曜日はSONEはないのですが、学校があるんで(笑)
四苦八苦の意味をつい最近しりました、、、。とても心が痛みましたよー、、、。実は、3月の14日に母方の祖母が亡くなったので。神奈川まで行っていたのです。1泊ですけどね。やっと落ちつきました(母)。その時に、四苦八苦のコトバの意味をしったのです・・・。

  *0027-01 Rie/K [近畿]   [12/04/11(火)-02:27]      
  母方のわたしの祖母です。

  *0027-02 てらぴか    [12/04/12(水)-11:20]      
  Rie/Kさん、おひさしぶり〜
そんなにフル回転して、大丈夫〜?
絵、を育てるのは、絵だけぢゃないから、たまにはたっぷり遊んで、
だらだらしたりしてくださいね〜


*0026  おうぐうてんけい [東京]   [12/04/11(火)-01:28]      
エンジェルニュースができました。
もう、ほんと出来なくて苦しんでいた
鎌倉の個展案内ができました。
ニュースペーパーに掲載するので
ぴか氏のベビーオイルマジックの
ご案内もお約束通りお載せすることができました。
今月はいつもなら23日前後に開いている
エンジェルサロンを新刊の発売に合わせて
16日にしたため、お知らせも早くなり
編集長兼編集者、雑用係を一人でこなして
居る私にとって、締め切りが早まり、
すんごい大変な精神状態になってしまいました。
でも、やっと弾みが着いた事も確かです。
前から、天使のメッセージで言われていたことが
又一つ成就しそうです。なにも出来なかった私が
天使に言われて色んなことにチャレンジして、
躓いたり、転んだりしながらも、なんとか
頑張っています。ピカ氏とのご縁も人間レベルの
それではなくて、ぴか氏の意志や私の意志等関与
できない計り知れない”なにか”が噛んでいたようですね。
そんな、気がして仕方ありません。
三枝庵お邪魔いたしました。阿呆な私はこんな
素敵なドラマが隠されていたなどと、きっと
この前ピカ氏に合わなければ、知ることなぞ
出来ずにいたに違い有りません。人間勇気を
持って、やらなかったことをやってみると、
意外な道が開けて行くものですね。
アクセサリーもパーツ集めから始まって
天使の形を造るのに、もうきが狂うかと思う
こと、度々でしたが、やっとなんとかなって
きました。又、新作出来たらお目にかけます。
ところで、私の夫が、書店にて屈辱ポンチを
拝見し、凄い表紙だ!と大絶賛。是非、ぴか氏に
お伝えするように。との厳命を受けました。
かくゆう、私めも書店に連行され拝見いたしました。
ほんとに凄かった!お金があったら、原画を買いたい!
と言っておりましたが、今はないので我慢我慢!

  *0026-01 てらぴか    [12/04/12(水)-11:08]      
  いつもありがとう存じます。baby oil magic、そちらで何かと宣伝いただいているようで恐縮です。多謝!
おうぐうさんも、お忙しそうですね、たくさんの方々が、おうぐうさんの発信を待っていらっしゃるのでしょうね、
「屈辱ポンチ」の絵は、町田康さんの世界との関わりの間で降りてきた絵です。不思議な天使でしょう? 僕も大好きです。


*0025  deepsea      [12/04/10(月)-23:15]      
まさしく
 4月10日の三枝庵、うなずくことしきり。
いわゆる“座右の銘”というヤツを心に秘めている方も
多いと思いますが、今回の茶話に出てくる次の言葉は
ボクの新しい“座右の銘”となりました。

 「縁は、奇跡ではなく、必然」

 他には、

 「基礎とは、過剰な詰め込みである」(by 寺門氏)

なども有り。タメになるなぁ。

  *0025-01 てらぴか    [12/04/10(月)-23:48]      
  いま、茶室に行ってきたところです。僕の側からみていた世界と、三枝さんの側から見えていた世界とが、いま、一体化したようで、目から水が出そうでした。
ところで、僕の数少ない座右の銘は

「惜しみなく、時間を使え」(村上春樹著「ねじまき鳥クロニクル」より)


*0024  190     [12/04/10(月)-22:05]      
すばらしきかな油彩の世界!
日曜日にギャラリーの方にオジャマさせていただいた190(ことカワシマ)です。

寺門さんの新しい挑戦、しかと心に刻みつけました。
僕も、寺門さんの絵一枚一枚からエネルギーを充電して
日々精進させていただきます。
それから、足の具合は大丈夫ですか?
早く直して、また公園を走り回ってください。

  *0024-01 てらぴか    [12/04/10(月)-23:51]      
  190君、どうもお見舞いありがとう
油彩、さっそく見てくれて、それもありがとう。
ちゃくちゃくと、仕事に励んでおられる様子、頼もしいかぎりです。
また会いましょう、


*0023  synapse [近畿]   [12/04/10(月)-00:07]      
新しいことに挑戦するっていいですね。
寺門さん松井です。
一応ハンドルネームはsynapseということになっているのでよろしくお願いします。

油絵すごくよかったです。
新しく何かに取り組むときはとてもエネルギーを使うけど、そのぶん楽しいですよね。僕も打ち込み(音楽)がんばります。

<皆様へ>
僕はホームページでディスクレビューをやっているので、音楽に興味がある方はのぞいてみてください。

  *0023-01 てらぴか    [12/04/10(月)-12:01]      
  synapse松井君、昨日は来てくれてありがとうございました
油絵、気に入ってもらえたようで嬉しいです。
新しいことをするときには、エネルギーを使うことも確かですが、それ以上にたくさんのエネルギーをもらってるような気もします。
松井くんの、独自の音楽、期待しています!


*0022   [東京]     [12/04/08()-23:29]      
“baby oil magic”行きたい!
行かれた方、うらやましいです。オープニング・セレモニーにも行きたかった!
7月の東京での個展は絶対に行きます!
てらぴかさん、東京でも絵を教えてくださらないのですか?

  *0022-01 てらぴか    [12/04/09()-10:28]      
  新宿で会いましょう。
ううむ、こちらからも、どうも東京は遠くって、
なかなか行けないんですが、てらこや、機会があれば、実現したいです。


*0021  masako [奈良]    [12/04/08()-23:11]      
やっぱりいいなあ〜。
今日見に行きました。
なんだかひさしぶりに寺門さんに御会いできるというので、
喜び勇んで行った割には全然お話もせず帰ってしまいました。
なんか緊張しました...。失礼致しました。

私が行った時に丁度絵を購入された方がいらしてて、裏板に
サインをしてもらっているところを眺めてたのですが、ほんと
買った方もうれしそうで、私もなんだかうれしくなってしまい
ました♪

油絵でもあんなに微妙な色があるんだな〜とぢーーっと眺めて
いました。いつも絵を見に行くと一言では言い表せない感情が
湧いてきます。ううむ。感想は...素直に幸せな気分。かな。

また見に行きます。

では

  *0021-01 てらぴか    [12/04/09()-10:26]      
  え、緊張してたのですか?
今度は話しましょう!
油絵の具での色の出し方がわかってきたところなので、いろんな色を験してるところです。新しい色、あったでしょう?


*0020  maripooh [岡山]   [12/04/08()-23:09]      
大阪個展始まりましたね!
こんにちは、まりぷーです。2度目の書き込みになります。
大阪個展始まりましたね。
私も来週の土曜日に行けることになり今計画を練ってます。
岡山から友人4人と大阪にいる友達のところに遊びに行くのですが
お昼ごろ私だけ抜け出して行くことができそうです。
とっても楽しみ♪
早く来週にならないかしら。
あっ、そうそうこの掲示板を通して、てんけいさんと
Marikoさんともお知り合いになれました。
てらぴかさんにもお礼を言わなくちゃ。
それではまた見てきたら感想を書き込みますね。
ではまた。

  *0020-01 てらぴか    [12/04/09()-10:24]      
  ほ〜、来てくださるのですね
遠いところ嬉しいです
ぜひ、ご感想など、また


*0019  ミツキ [兵庫]     [12/04/08()-00:02]      
いい気分〜(*^▽^*)
“baby oil magic”行って来ました〜!!もう、どれもこれもかわいくて、絵の前でじ〜っと止まってしまいました。念願のオープニングレセプションにも参加できたし、見に来ていた方達と、お話しなんかも出来て、すごく楽しかったです!!

*てらぴかさん
絵の具のキラキラがなくても、油彩の天使達に、やさしい光がある感じがしました。レセプションの時間まで、いらっしゃらないと思っていたので、少しお話も出来て、ドキドキしました。

*みえださん
天使のカレンダーでの写真と、茶室の横の写真しか、知らなかったので、どんな方なんだろうって思っていました。私は“あんなの”でした(笑)旧暦の話がエイプリルフールネタだったとは、まんまと思うつぼでした・・・。

*youyoさん
思うつぼだったんですよね〜(^^;)ホントにインターネットで調べにかかった位に信じてましたよ・・・。お会いできて楽しかったです!!

  *0019-01 てらぴか    [12/04/08()-13:14]      
  ミツキさん、さっそくきてくれて、ありがとう!
ここでお話してる方と、実際に会うと、なんか不思議。
でも、やっぱり、ナマで対面すると、その圧倒的な情報量が愉しいです。
またいつでも、画廊へいらしてください。お待ちしています。

  *0019-02 みえだ [京都]   [12/04/09()-16:10]      
  やあやあミツキさん、そう、僕は「こんなの」でした。『天使のカレンダー』のあとがきに書いたように「ホントのようなウソをつき、ウソのようなホントの話をするのが好き」なのでした。


*0018  おうぐうてんけい [東京]   [12/04/07(金)-09:35]      
おめでたいこと
昨日、天使からのおくりもの著者贈呈分が送られてきました。ということは、ぴか氏にも届いたってことですか?これで、私は初めて本の全貌を垣間見る事ができました。なんといっても、文章とアートの組み合わせが絶妙です。今回あとがきにも
書いたけど、改めて、寺門孝之さんに感謝の気持ちでいっぱいです。
さらには、今日から、大阪個展ではありませぬか。おめでたいことが続いております。私の発行しているニュースペーパー、エンジェルニュースにもこの記事を載せちゃいます。
三枝さま、三枝庵に初めて伺うことができました。なかなか渋いご趣味で。わび、
さびの風情が漂って、風格さえ感じられました。有り難うございました。


  *0018-01 てらぴか    [12/04/08()-13:16]      
  はいはい、こちらにも届きましたよ〜
い〜い! とまた自画自賛・・・
こちらこそ感謝ですよ、おうぐうさん、ひとりでもたくさんの人のところに本が届くといいですね、

  *0018-02 みえだ [京都]   [12/04/09()-16:23]      
  <三枝庵>のぞいていただいてありがとうございます。風格だなんてそんな、きっと体格の間違いですよ?


*0017  由佳 [近畿]     [12/04/07(金)-09:31]      
5ヶ月・・・
寺門さん、みなさんおはようございます。私のお腹の天使ちゃん、とうとう5ヶ月目に入りました。もうすぐ動きだすそうなのですごく楽しみ。つわりもなくなり、食欲がでてきました。近々神戸に行く予定(ファミリアでお買い物)なので、おいしいものを食べてきたいと思います。久しぶりに中華街もいいなあ。たくさんお店もできているようなので、いろいろと食べ歩きしたいと思っています。寺門さん、神戸在住のみなさん、おいしいランチが食べられるお薦めのお店があったら教えて下さいね。

  *0017-01 てらぴか    [12/04/08()-13:20]      
  順調でなによりです。
ランチは色々ありますが、今の僕のお薦めは、
アトリエの下にある、
しょくどう・ささき!
北野坂が異人館どおりとクロスするよりちょっと下、J&Fの一軒南のタテモノの1階にさりげなくある、つい昨年末にオープンしたお店ですが、天才シェフの、さりげないランチが食べられます。おいしい〜


*0016  みえだ [京都]    [12/04/07(金)-03:18]      
訂正
朋さん、りんごさんへ。
お二人が南の島でご覧になった太陽を囲むように出ていた丸い虹の件ですが、その後また専門書を見ていると、どうやらそれは暈現象というよりはむしろ光環という現象である可能性の方が高い気がしてきました。暈は比較的、上空の気温が低い時にできやすいので、南の島というところで違うかなと思ったのです。暈と光環の違いは、暈の方が半径が大きく、薄い雲に現れます。色の配列も暈が外側が紫、内側が赤なのに対し、光環はその逆です。
光環(光冠、コロナともいう)は、西洋では「金色の羊」というそうですが、タヒチでは何と言うんでしょうねえ? そういうの知りたいです。

  *0016-01  [東京]     [12/04/07(金)-17:03]      
  ☆みえださん、こんにちは。訊ねておいてこんな事を言うのは失礼ですが、調べてくださったんですね。感激です。でも、色の配色まで覚えていないんです。金色の羊」だったら素敵ですね。タヒチでは何というのでしょう。手元にあるハワイ語の辞書には残念ながら載っていませんでした。ちなみにrainbowはAnuenueでした(アーヨイヨイって感じ)。私は調べ物魔なので、調べがつくまで気持ち悪いです。
☆☆「ストレイト・ストーリー」も観ました! みえださんのメールを拝見していたので、ちゃんとグロットの不思議な場所もチェックできました。天使か女神さまのような白い像があったので気になり、調べて見たら、ある神父さまが大病を治してもらうかわりに、マリアさまのために建てたものみたいです。あの辺りにはたくさん岩造物があるそうです。詳しくはこちらを・・・
http://www.roadsideamerica.com/attract/IAWESgrot.html
☆☆☆今日、「グリーン・マイル」を観てきました。原書を読んだ人には、所長の奥さんのエピソードのところがちょっと違って残念だと思いますが、全体的にキングの緻密な心理描写がよく表現してありました。キャスティングもいい。
最近、ごく普通のお年寄りの顔がいいなあと思うようになりました。決して派手じゃないけど、歴史があるというのはかっこいいです。改めてみると、両親も実にいい顔をしているんですよね。身近すぎて気がつきませんでした。

  *0016-02 てらぴか    [12/04/08()-13:12]      
  朋さん、すごい、調べるのが上手なんですね〜 頼りになるなぁ
僕は調べるのが下手なあまり、すぐ、事実と妄想を取り替えて満足してしまうので、朋さん、尊敬します。
僕も、絵を描くものとして、お年寄り、そして子供、いいなあと心から思うようになってきたんです。蓄積され、洗われ、刻まれた「味」、どう発展していくのか未知の「可能性」、どちらも絵ココロを刺激して止みません。

  *0016-03 みえだ [京都]   [12/04/09()-15:57]      
  朋さん、こんにちは。こちらこそグロットのこと調べていただいて感激です。教えていただいたホームページもさっそく見ました。僕の英語力では文章を理解することはできなかったのですが、写真を見てるとやはり僕の好きな<シュヴァルの理想宮>系の気になる匂いの建造物でした。機会があったら行ってみたいものです。ところで僕はキリスト教の事よく知らないので、どなたか教えていただきたいのですが、マリアさまと洞窟って何か関係あるのですか? ダ・ヴィンチに『岩窟の聖母』っていう絵があるし、マリアさま出現で有名なルルドの泉も洞窟だし・・・。洞窟=子宮ということかな?
虹が「アーヨイヨイ」って、いいなあ。僕もハワイ語辞書買おうっと。


*0015  suzu [秋田]    [12/04/06(木)-17:55]      
ヤモリ、イモリ、ガッコ
日本語って難しいですよね。
ガッコがカエルっぽい響きを持っていたとは東北人は思いもつきませんでした。大変なことになっちゃいますね。
ところで「かなへび」ってご存じでしょうか?
とかげのことだと思うんですが、それはヤモリ(イモリともいう?)とは違うんですよね。かなへびは、わたしんとこのHPのトップページの「おまけのミニアルバム」というところをクリックすると、カモシカとかと一緒に出てきます。
このかなへびを関西では何というのか、ぜひ鑑定してください。
おひまな時にでも遊びにいらしてくださいませ。

  *0015-01 suzu [秋田]    [12/04/06(木)-17:57]      
  いや、カエルじゃなくて、イモリ。

  *0015-02 てらぴか    [12/04/06(木)-21:52]      
  ええと、まず、
かなへび、は、図鑑でもかなへび、で全国共通です。ちなみに、トカゲとは別種です。また、ヤモリとイモリは全く別類で、ヤモリは爬虫類、イモリはサンショウウオなどの類、両生類です。
生物のことになると、うるさい、てらぴかでした。

  *0015-03 suzu [秋田]    [12/04/07(金)-12:27]      
  ありがとうございました。(^-^)


*0014  WAKANA [埼玉]     [12/04/06(木)-17:01]      
お久しぶりです。
こんにちは。忙しくってずいぶんご無沙汰していました。
前にお邪魔したのはいつのことでしょうって感じなぐらい久しぶりです。
この間、DM届きました。ありがとうございます。
子供の絵、素敵ですね。私は子供大好きなんで、
「あっ、かわいい♪」って早速部屋に飾らせていただきました。
すごく見に行きたいんですけど、神戸ですよね。うーん、私には遠い…。
でも、いつか絶対に神戸に行きたい!!です。

私の大学は川沿いにあって、桜並木あるんですよ。すごく田舎なんですけど。
今、桜が満開で素敵です。今日もお花見している親子連れがたくさんいました。
朝は必ずその下を通って大学にいってるんですが、
その時ってすごく心が真っ白になる感じです。やっぱり、花ってそういう力があるんでしょうね。
とりとめのない話をしてすいません。それでは、また。

  *0014-01 てらぴか    [12/04/06(木)-22:02]      
  wakanaさん、お久しぶりです。
神戸でも、桜、やっと開きました。
花、すごいですよね〜、何のためにあんなにキレイなんでしょう?


*0013  ミツキ [兵庫]     [12/04/05(水)-23:00]      
知らない世界がいっぱい・・・
二回目のお邪魔しますです。そろそろ、ペンキは乾いて来ましたか?
なんだか、この<えんがわ>には、いろんな世界を知ってる人がいらっしゃるようで、のぞきに来るだけでも、楽しいですね。

*てらぴかさん
ルミナリエはそう言うものなのか・・・と、てらぴかさんのお話が聞けて、少し、考えがかわりました。私も阪神大震災にあいました。生でルミナリエを見た事はないのですが、初めてのルミナリエの時は、明かりがともったのを、テレビで見て、鳥肌が立つ位、なにか感じる物があった気がします。でも今は、イベント化している気がして、どうも好きになれないでいました。だけど、今まで私の中になかった「生まれの必然性」っていう物の見方を、今日、知り、すぐに大好きにはなれないけど、『祈りのカタチ』を受け入れたいな〜って思いました。

*三枝さん
どんどん書き込みをするには、私にはネタがあんまりないのですよ・・・。ん〜でも、ほんとに知らない世界を、かいま見られて面白いです。
下の三枝さんのカキコの所、長いの書いてはる人がいる〜って思ったら、三枝さんでした(^^;)

  *0013-01 みえだ [京都]    [12/04/06(木)-00:37]      
  僕も見るたびに「ずいぶん長いのがあるなあ〜。」とびっくりしてます。

  *0013-02 てらぴか    [12/04/06(木)-11:11]      
  ミツキさん、すっかり、三枝さんの長話で、えんがわのペンキは乾いたみたいよ。
そのかわり、三枝さんのお尻は、えんがわからはがせなくなって、まだ、着物はそのままえんがわに。寒い中、三枝さんは肌着でお家へ帰っていかれました。

そうそう、イベントと祭りは、根本的に違います、おっしゃるとおり
祭りは日ごろ、せくせく働いて、蓄積した財を、一気に、宇宙に向けて
放ち尽くすことで、人と宇宙の間にエネルギーの火柱をおったてる、ってことです。だから、反・経済行為なわけ。ひるがえって、イベントは経済行為。イベントがけっしてわるいわけぢゃないけど、祭りのふりをした、イベントは、にせものくさくてイヤ。


*0012  mi [関東]     [12/04/05(水)-12:08]      
いきます!
ファイトクラブ、怖そうだったので観る気はなかったのですが、
てらぴかさん大絶賛だったため、いってみました。大正解でした!
ストレイトストーリーももともと興味ありなので、これはもう絶対いきますとも。
ちなみにマグノリアも好き。サントラ買っちゃいました。

  *0012-01 てらぴか    [12/04/05(水)-18:32]      
  miさん、おひさしぶりです
ファイトクラブ、観てくれてありがとう! 来るでしょ〜
あ、僕も、マグノリア、サントラ買おう・・・音楽、歌、良かったねぇ

  *0012-02 みえだ [京都]   [12/04/06(木)-01:39]      
  4日『ストレイトストーリー』を映画館で観ながら、なんとなくてらぴかさんも今日同じのを観てる気がしてましたが、帰ってToday'sを見てクククッ。昨夜はアメリカの地図を見て、ストレイトじいさんの道のりをたどりながら眠りました。ところで映画のストーリーとは全然関係ないのですが、ワンショットとてもひっかかった絵がありました。グロッタ(といったと思う)という街の風景で、奇妙な墳墓のような小山のようなものが映っていたのですが、あれはいったいなんだったんでしょうか。一瞬、フランスにある<シュヴァルの理想宮>や、千駄ヶ谷の鳩森神社にある富士山を連想しました。グロッタ(洞窟)という地名も何かいわく因縁ありそうで、気になります。あのデヴィッド・リンチが意味もなく背景に使ったとは思えないし・・・。

  *0012-03 てらぴか    [12/04/06(木)-10:58]      
  げ、そのカット、憶えてない
気になるな〜
また見に行かなくちゃ・・・
ところで、リンチ監督が自ら制作しているという、HP,
まだ何がどうなるのかわからないけど、さすがに既にリンチワールド醸し出していて、期待です。アクセスした?
http://www.davidlynch.com

  *0012-04 みえだ [京都]   [12/04/07(金)-01:46]      
  リンチ監督のホームページ、さっそく行きました。まだよくわかんなかったですが、とりあえずは赤いカーテンを見て、満足!


*0011  suzu [秋田]    [12/04/05(水)-11:37]      
やっと入れた!
掲示板、あたらしいところに移動していたのですね。
でも、ネスケでコンテンツのページに入ろうとするとフリーズか、予期しないエラーが起きて、どうしてもはいれなくなっていたのです。それで今、IE4.5で見に来ています。(でもわたしってマイナー好きで、絶対ネスケ派なんです。)
というわけで、みえださんやおうぐうてんけいさんの素敵な書き込みを今発見して、嬉しさのあまり踊ってしまいました。
そんなわけで、これからもよろしくお願いいたします。
みえださん、秋田にいらしたときにはぜひ声をかえてください!
名物のガッコを差し上げます。
旧掲示板に、みえださんへの熱いメッセージをカキコしてあります。
もしよかったらご覧になってみてください。
では!

  *0011-01 てらぴか    [12/04/05(水)-11:56]      
  ようこそようこそ、すずさん
まだペンキつきますので、ごかんべんを・・・

  *0011-02 みえだ [京都]   [12/04/05(水)-23:58]      
  すずさん、こんにちは。旧掲示板、見ましたよ。ねえ、本当に旧暦に戻ったらいいのに・・・。
ガッコ、うれしいな。僕は食べる時の音から「ガッコ」というんだと思ってたんだけど、漢字だと実は「雅香」って書くんだってね? なんか、聞くと書くとでイメージが大違いの言葉ですよね。で、ガッコって何?

  *0011-03 suzu [秋田]    [12/04/06(木)-08:54]      
  えーーーーー!
ガッコって知らないんですか?
おつけ物のことです。
特に、薫製にしたものが有名です。

  *0011-04 てらぴか    [12/04/06(木)-10:50]      
  いやあ、知らないよ〜それは、とくに関西人ぢゃあ
「ガッコ」ときいて、僕は、ヤモリを思い起こしました
バリでは「ゲッコ」
セブでは「トッコ」
と呼ばれていました。それはもう直接的な名付けで、そのとおりの声で鳴くからです。とくに、セブのヤモリは音楽好きで、部屋でゼグンド・コンパイさんをかけると、とたんに、「トッコー・・・トッコー」と歌い、また、本当に身をくねらせて踊るのです。陽気でしょ〜
で、不思議に思ったのは、ではなぜ日本では「ヤモリ」なのか?
なぜ鳴かないのか? 姿はそっくりおんなじなんです。
やはり風土が、陰気、ないしは質実剛毅で、歌舞音曲など、潔しとしない国民性なのでしょうか?
で、すずさん、「ガッコ」ときいて、僕は、ああ、秋田のヤモリはやっぱり歌うのか、そうして、それを干物か燻製にしたものが名物なんだな〜、と二段飛びで誤解してしまいました。あいすません・・・


*0010  おうぐうてんけい [東京]   [12/04/05(水)-09:14]      
いよいよですね。
4月7日まで、もうすぐですね。この前におあいしてから、あっという間だったような。
来週には、本もでますね!やったー!
ところで、本屋さんに並ぶであろうその日、私は、エンジェルサロンを開きます。場所は東京の成城学園駅前の風月堂です。詳しくは、エンジェルニュースに遊びにきてね。あとー
ぴかさんのえんがわでこんなこというのは、凄く恥ずかしいんですが、思い切って言ってしまいますと、今月の28日から、鎌倉で作品展をやります。私の描く絵は
和風です。天女とか、菩薩など、素朴なものが多いので、ぴかさんファンの皆さん
にお見せできるようなものかしらー。と思いますが。関東近県の方々ご興味があれば遊びにいらして下さいね。
あと、三枝さん、うちも星野さんとはご縁がありますよう。夫の則人さんがクライミングをやっているのですが、その師匠が、星野さんと親友だったかたです。アラスカ
の星野の家が、とお噂はいつも。映画は拝見していないんですけど、星野さんの亡くなられた8年8月8日は、私達の結婚した日でもあります。また、詳しくお話したいですねー。
朋さん、メイルをお送りしようと思いましたが、送り先がわからない!
ぴかさん、私達って、シンクロしてしまって、またまた、てらこやに伺えません。何故か、ぴかさんの個展と私の作品展重なるんだよねー。バイオリズムなのか、はたまたミューズのいたずらか?昨年の初作品展のときも伊勢丹にいらしていたり、とね。
ベビーオイルマジックに、もし、神戸に行くようだったら、必ず伺いますよう!楽しみです。

  *0010-01 てらぴか    [12/04/05(水)-11:55]      
  おお、おうぐうさんの方も、にぎやかな春になりそうですね〜
こうして、えんがわにお集まりいた抱いてるみなさんのお話を聞いていると、
「シンクロしてますか」どころぢゃなく、
「ビート」してますね。もう・・・繋がり過ぎ・・・ぷ


*0009  ちょび     [12/04/04(火)-23:13]      
『かごめドリーム』まだありましたよ
今夕京都のジュンク堂に寄ったんですが、『かごめドリーム』ツルもカメも補充されていましたよ。もうないのかなあ・・・と思っていらした方々、ご安心ください。ただ、私の分までは「シンクロしていますか?」のオビがついてたのに、今日見たのはなかったです。それはちょっと残念ですが。

  *0009-01 てらぴか    [12/04/05(水)-11:52]      
  ちょびさん、貴重な情報、ありがとうございました
その本屋さん、偉いな〜

神戸では、三宮の古書店、あかつき書房に、ツルカメ揃いで出てました
もしかしたらお買い得(安い)かも・・・


*0008  wakako [神奈川]     [12/04/04(火)-22:51]      
茶室がないよ、、、、、
てらぴかさん、搬入終わったんですね!おめでとうございます。
ああ、新作がいっぱいなのね。いきたいなあ、、、、
さっき遊びに行ったのに茶室がありませんでした。どうして?
どうして?(半泣き)

  *0008-01 GwG      [12/04/05(水)-00:57]      
   wakako様

 申し訳ございません。“三枝庵”、復旧しておきました。是非ご覧下さい。

  *0008-02 wakako [神奈川]     [12/04/05(水)-08:56]      
  よかった〜〜〜〜
ありがとうございます。

  *0008-03 てらぴか    [12/04/06(木)-10:54]      
  あのね、告白すると、僕がtoday's更新の際に、
茶室を、とっぱらっちゃったらしいです。
すぐに気付いた、deepsea君が、大破した茶室を建て直してくれました。
すいませんでした・・・

  *0008-04 みえだ [京都]   [12/04/07(金)-01:51]      
  deepseaさん、ありがとう!


*0007  Mariko    [12/04/04(火)-16:33]      
★ペンキ塗り立て!
なんですね。春ですね〜新しいスタートで気持ちいいですね。
これからもたくさんのエネルギーが集まって楽しい縁側になりますように。。。

みえださんの茶室にもBBSを作っていただけば?
でもここの縁側でみんなが集まれるのがとても楽しいですよね。
またお茶を飲みに茶室へも伺いますねぇ。シンクロシンクロ楽しいな。

朋さん、例の場所行かれたのですね。なんだかすごくやっぱり行きたい。
時間ができたら行こうっと。
おぐうさん、掲示板開設おめでとうございます★

  *0007-01  [東京]    [12/04/04(火)-17:52]      
  Marikoさん、ええ、行って参りましたとも。今でもあの聖堂を思い出すと、あの雰囲気が感じられます。不思議な波動がありました。なんだか個人的なお願い事なんて、自分勝手のような気がしてしまって、漠然としたことしかお願いできませんでした。それで、なんと個人的に最重要なことをお願いし忘れてきてしまったのです! あそこで思い出せないということは、きっと今は必要ないってことなのかなぁ〜。
おうぐうてんけいさん、おめでとうございます。でも、掲示板にたどりつけないのです。どこからか検索できるのでしょうか?

  *0007-02 おうぐうてんけい [東京]   [12/04/04(火)-19:01]      
  あれー!掲示板にこられないんですかー。この下にある私のホームページangelnewsに来ていただければ、来られるはず。あー三枝さんにご指摘頂いた
アドレスのミスがあったようです。正確なアドレスは
http://homepage1.nifty.com/angel_news/です。よろしくねー。


*0006  おうぐうてんけい [東京]   [12/04/03(月)-09:16]      
聖徳太子とangelnews
みえだ様、太子のお墓についてお答えします。生前自ら定めたと言い伝えられているその町の名はズバリ、太子町です。場所は大阪の南河内郡。奇跡ついでにご報告しますと、ここには空海、日蓮、親鸞といった方々が御参りしその後、奇跡が起こっているらしい。御参りした私達夫婦になにが起こるのかはお楽しみに!報告は私の活動を紹介してくれている,angelnewsでしていこう!とおもってます。
ところで、今日はとてもめでたいことがあります。この素晴らしい
”てらぴかのえんがわ”に触発されてわたしも掲示板をつくりました!パチパチ!
ピカサン、ドウモアリガトウ!とても感謝していますよう!(もちろん、えんがわと同じところからお借りしました。)みなさん、遊びにきてね。待ってます。

  *0006-01 てらぴか     [12/04/03(月)-11:19]      
  パチパチパチ〜
あとで行ってみよう・・・
秋田のすずさんといい、おうぐうてんけいさんといい、このえんがわに触発されて同じのを借りた、とおっしゃってるけど、
僕、その会社から表彰されてもいいんぢゃないかなぁ〜、ひひひ

  *0006-02 みえだ [京都]   [12/04/03(月)-15:16]      
  太子町って、聖徳太子ゆかりの地だったから、そういう地名だったんだ。ほんと、ズバリそのまんまですね。出生地(伝)へは昔行ったことあるんですけど。お墓参りの奇跡のご報告、楽しみです。
それとおうぐうさんのホームページのアドレスですが、家のアイコンをクリックすると迷子になります。angelがavgelで入ってるみたいです。さっきそれに気付き、さっそくのぞいてきました。

  *0006-03 おうぐうてんけい [東京]   [12/04/03(月)-16:46]      
  ぴかさま!みえださま!わたしの伝言板にきてくれてサンキュ!秋田のすずさんともおそろいなんですねー。
ところで聖徳太子の出生地ってどこですかー?お母さんは山梨の女取川あたりの出身ときいたことがあります。
アドレスの間違い教えて下さって。ありがとうございます。とてもぼーっとしているのでまたなにかあったらよろしくおねがいします。

  *0006-04 みえだ [京都]   [12/04/04(火)-13:16]      
  奈良県明日香村の橘寺が聖徳太子の出生地と伝えられていたはずです。中学生の時の記憶なので間違ってたら、ゴメンナサイ。


*0005  みえだ [京都]    [12/04/03(月)-04:42]      
春のえんがわ
春になって暖かくなったからか、このところ<えんがわ>にたくさんの人がひなたぼっこに来ていて、楽しいですね。<茶室>にもみなさん立ち寄っていただき、どうもありがとうございます。
この数日分の書き込みに返信を書こうと思ったら、あっという間に下流へと流れてしまっていて、またURLも変更になったとのことなので、まとめてで失礼ですが、あらためて新しい書き込みとして返信を書くことにします。これだけ読むと何のことかわからないかもしれませんが、そん時はお手数ですが旧BBSを参照してみて下さい。

秋田のすずさんへ
お久しぶりです。誕生日、2月22日だったのですね。今ごろで何ですけど、おめでとうございます!
もしかしたらこの5〜7月頃に仕事で秋田に行くかも知れません。それこそ「奇跡!?」の取材です。といっても、すずさんやおうぐうさんが書かれているような奇跡とはまったく違う類いのものですが・・・。ふふふ、あとはまだ秘密。
それからずっとずっと前に、すずさんが書かれていた「太陽が4つに分かれた話」、先日気象庁の専門家に会って話を聞いたら、「幻日と内かさと上端接弧が同時に現れた可能性が高い」と話していました。僕にはその現象の解説は不可能なんですけど、いずれにせよ奇跡的に珍しい現象だそうです。ちなみに、てらぴかさんの見た「頭上の虹」はやはり天頂環で間違いないだろうとのことでした。たいがい僕もしつこいでしょ。編集者は偏執者というぐらいですからね。

おうぐうてんけいさんへ
ところで、聖徳太子のお墓ってどこにあるんですか?

神奈川のwakakoさんへ
そういえば、星野道夫さんこそ<神話>の中を生きていた方ですよね。で、てらぴかさんが書いてたように、本当に熊が<神話>の世界に連れていってしまって、神様になっちゃいましたね。生前に京都で一度だけお会いしたことがあります(立ち話ですが)。「熊みたいな人だなあ」、それがその時の印象でした。本当に大きくて、暖かい手をした方でした。「『空の名前』はフェアバンクスの家でよく見ています」とおっしゃていただき、感激しました。『旅をする木』にサインしていただき、当時刊行されたばかりの『宙ノ名前』を差し上げました。「何か一緒にできるといいですね。アラスカに来ることがあったら、うちに寄って下さい」と手帳の切れ端に書いていただいたフェアバンクスのご自宅の連絡先のメモを、今僕はお守りとしていつも持ち歩いています。なにしろ神様の直筆ですから。「さあ星野さん、いったいどんな本を作りましょうか?」

ドルチェッタのYUKOさんへ
やあやあ、これは幼馴染み(子どもの頃同じ場所で化石掘ってた間柄)のYUKOさん、お久しぶり!
京都へお出でになるとのこと。もし時間ありそうだったら連絡くださいね。

近畿のyouyoさんへ
書き込みありがとうございます。「おてんとうさま」だけじゃなく「おつきさま」もよろしくね!(詳しくは4月1日の茶室を見てね。)

近畿の小銀杏さんへ
ごぶさたです。メール開通したんですね。
花博、平日はゆっくり見られるとの情報ありがたいです。僕もGW前ぐらいの平日に行こうかなあと思ってます。お年寄りが99%というのもいいかも。本当に心地のいい喫茶店とは、朝、近所のお年寄りがゆっくりコーヒーを飲める店だと言いますからね。(僕が言ってるだけですけど)

ちょびさんへ
<茶話>聞いていただいてありがとうございます。そうそう、僕もタイへ行った時には、さすがに「最期はここで死ぬかも」とまでは感じませんでしたが、「ここなら死んでもいいかもなあ」とは感じましたね。たぶんタイが敬けんな仏教国だからそう感じたのだと思います。やはり同じようにトルコで死にかけた時には「死ぬかもなあ。でも、できたらここでは死にたくないなあ」と思ってました。
それから、京都のジュンク堂の『かごめドリーム』の件も感謝感謝。バリ島まで新婚旅行に連れていってもらうなんて、いいところに嫁に行ってくれました。いい旅を!

てらぴかさんへ
「生まれの必然性」の話、まったく同感です。神戸のルミナリエは、本当の「祭り」だと思います。「祭り」には「祈り」がなくてはならないと思います。それがないものはただの興行、イベントです。神戸でルミナリエの光がともるのを見て、僕ははじめて、「祭り」が生まれる瞬間というものを体験したと思いました。京都の祇園祭や大文字の送り火がなぜ生まれたのか?、そしてそれがなぜ何百年も続いているのか?、その秘密をココロで理解できました。祇園祭も送り火もハタから見てると観光行事でしかありませんが、それを保存し継承している人たちの心には今でも先祖や神様への祈りがきちんと引き継がれています。僕は神戸のルミナリエは、たとえそれがイタリア様式であろうとも、100年1000年と続く可能性のある「神戸の祭り」だと思っています。神戸の町衆にはこの「祭り」を未来へ引き継ぐ義務があると思います。たぶん神戸空港よりもルミナリエの方がずっと大切なものです。
淡路の花博では僕もてらぴかさんと同じところを確認したいと思ってます。神戸の街に木を植える活動を続けている安藤忠雄さんが、その「祈り」の気持ちをどのように建築に表現しているか、見てみたいと思っています。
で、話はガラッと変わりますが、僕はてらぴかさんの忠告を無視して迂闊にも町田康さんの『耳そぎ饅頭』を電車で読んでしまったがため、殊の外恥ずかしい思いをしました。つい「ふふ」とか「くく」とか口に出してしまい、高下駄履いた女子天狗2名に「ケッ!」と嘲笑されたのです。やはりタブー、禁忌、戒めといったものは犯すべきではありません。それにつけても相変わらず、話芸が話の芸であるように、文芸が文の芸であると思い知らされる一巻で、かように小説とエッセイが同じ文体で書けることもまた不思議不可思議と思いつつ、読み進めているところです。うぷぷ。

えらい長くなってすいませんでした。

  *0005-01 みえだ [京都]    [12/04/03(月)-04:55]      
  書き込まれてビックリ!! ホントに長過ぎる! ゴメンナサイ! やっぱ分ければよかった。

  *0005-02 てらぴか      [12/04/03(月)-11:14]      
  うわあ〜、みえださん、えんがわ始まって以来の長話ぢゃん、
あっという間に、ペンキも乾いてた・・・・あ、は、は、

そうか、三枝さんは、星野さんと出遭ってるんだ! 
僕は不勉強で、星野さんについて最近までよく知らなくて、僕の御守りであるところの、村上春樹さんからいただいた絵葉書の白熊の写真を撮った人、くらいの知識しか持ち合わせてなかったのですが、今回、CEBU島へ行く際、むこうで読む本として、関空の書店でなんとなく惹かれて「ノーザンンライツ」の文庫本を購入し、持っていきました。そして、毎日、炎天下の日陰でねころびながら、少しずつ、大切に、読みました。撃たれました。今まで読まなかった僕は愚かでした。帰ってきて星野さんの著書を、1冊ずつ、大切に読み進めているところです。

  *0005-03       [12/04/03(月)-14:20]      
  みえださん、はじめまして。いつも茶室を楽しみにしています。この前タヒチで太陽のまわりを囲むように丸く虹が出ていたのですが、てらぴかさんの「頭上の虹」と同じなのでしょうか? 

てらぴかさん、「ガイア・シンフォニー3」は、星野さんに捧げられた映画です。ぜひぜひぜひ、ご覧になってくださいっ!

  *0005-04 てらぴか    [12/04/03(月)-14:25]      
  朋さん、了解、見ます見ます
太陽の周りに出るのは、また違った虹だと思います。僕の見た頭頂の虹は、太陽に向って弧を描いてました。そうですよね、三枝さん、

  *0005-05 みえだ [京都]   [12/04/03(月)-15:39]      
  朋さん、はじめまして。タヒチでご覧になったのはおそらく、かさ現象だと思いますよ。それ自体は珍しくない現象ですけど、「丸く虹が出ていた」というほど虹色がはっきりしてることは珍しいかも。ポーカーにたとえるとエースのワンペアぐらいの役かな? てらぴかさんの天頂環はフルハウス!?

  *0005-06 てらぴか    [12/04/03(月)-16:17]      
  朋さん、だからって、がっかりしないでくださいね
貝も、虹も、めづらしさぢゃなく、ようは、出遭いのタイミングと、
自分にとっての意味・・・

  *0005-07  [東京]    [12/04/04(火)-09:39]      
  みえださん、ありがとうございました。これまであんまり空を見上げてなかったってことなんですね。うーん、エースのワンペアですかぁ〜。そういえば、昔から勝負事には弱かったです。
てらぴかさん、すかさずフォローをありがとうございます。「ガイア〜」はぜひ1と2も見てください!!!!! そして4には、ぜひご登場願いたいです!

  *0005-08 みえだ [京都]   [12/04/04(火)-12:48]      
  朋さん、僕の例えがちょっと卑近でしたね。ごめんなさい。あくまでも大気光現象が起こる確率の例えとして書いただけで、それとの出会いのかたちやその美しさ、心への受け止め方といったことはまったく別の話です。気象の専門書を読んでいると、僕らがふだん見過ごしているだけで、思っている以上に空は日々さまざまな魅惑的ショーを演じているみたいですよ。

  *0005-09  [東京]    [12/04/04(火)-17:42]      
  みえださん、ぜんぜん気にしてないです。みえださんの御本を拝見しても、本当に空にはいろいろな表情があるんだなぁと思いました。
さっきスターバックスへお茶しに行ってきたんですが、ガイア3で星野さんがスターバックスのカップを使っていたことを思いだしました。みえださん、星野さんにお会いしているんですよね。そんな方とメールでおしゃべりできて本当に光栄です!

  *0005-10 りんご [埼玉]   [12/04/04(火)-22:50]      
  みなさんこんばんは、えんがわにお邪魔するのはおひさしぶりです。
朋さんの虹のおはなしを拝見いたしまして…。
ワタシも以前、南の島でまんまるな虹をみたことがあるんですが、そう
かぁ、あれはかさ現象だったんですね。
でも、何ていうか、こういうステキなあかりが照らしてくれてるこの世界
って悪くないかもナァ、なんて思ったのでした・


*0004  てらぴか      [12/04/02()-12:11]      
ふたたび、てらぴかです
GwG君と相談して、3月分のえんがわを復活しました。僕が返事を書いてなかった方、今日書きこみましたので、見てください。コンテンツのえんがわの下の赤い活字から入れます。
新しい書きこみは、この、新しいえんがわに、お願いします。
ちょっと、しばらく、ややこしいですが、すみません。
ぢゃ、またきてね〜


*0003  てらぴか      [12/04/01()-11:39]      
ペンキぬりたて、あいすみません
GwGくんからのお知らせのとおり、今日、4月1日から、えんがわのURLが変わるとかなんとかで、せっかく話題が盛りあがっているところ、急に白ペンキを塗るようなことになってしまってすいません。GwGくんに確認をとったところ、こうしないとえんがわが使えなくなっちゃうということらしいので、いたしかたありません。
昨日までの話題は、“きおくのえんがわ”にて読んでいただけるよう、今日のうちにはセットされるはずなので、ちょっとペンキ臭くはありますが、また、お集まりいただき、いろんなお話、花咲かせてくださいますよう、お願いします。ぢゃ、おわびまで。


*0002   [東京]     [12/04/01()-00:29]      
行って参りました!
おうぐうてんけいさんに教えて頂いた、サレジオ神学院に行って参りました。
聖堂はなんともいえない雰囲気。うまく説明できないのですが、胸の真ん中あたりが、ごにょごにょしっぱなしでした。とても立ち去りがたくて、しばらくぼおっとしてました。
資料館にいた女性の方に、お茶を誘われて、いろいろなお話を聞かせていただきました。音楽にも才能のあった方なんですね。
実は2日ほど前、明日(もう今日だ)4月1日から新しい仕事をスタートさせようと強く感じました。そしてこの情報を知り、居ても立ってもいられなくなったわけです。
おうぐうてんけいさん、ありがとうございました!
何か進展があったら、ご報告します。

  *0002-01 おうぐうてんけい [東京]   [12/04/01()-07:55]      
  行ってきましたね!何かが凄いでしょ?ここに御参りしててらぴか氏との仕事がスタートしたのですから、今日から新しくスタートする仕事も良い感じですよ!きっと。ご報告楽しみにまってます!


*0058  すず [秋田]    [12/04/04(火)-21:35]      
旧暦のおはなし。
三枝さんの茶室で、今後10年間でこよみが
旧暦に移行されるって本当なんですか?
旧暦支持者としては非常に嬉しいおはなしなんですが、
でも、4月1日だったので、それはエイプリルフールネタ
だったのでしょうか。本当だったらいいな〜。
寒の入りとか、こちらではぴったり季節にはまるんですよ。

  *0058-01 てらぴか    [12/04/04(火)-22:07]      
  すずさん、新しい書き込みは、
新しいえんがわ(=コンテンツのえんがわからいつもどおり入ります)の方にお願いします。しばらく、面倒かけますが、どうぞよろしく!


*0057  ちょび     [12/04/01()-00:22]      
奈良のmasakoさんのご指名?
お久しぶりに出て参りました。てらぴかさん、DMありがとうございました。
1年越しの”バリ島へ行こう”企画がやっと実り、7日から行って参ります。個展にはちょっとしてから、楽しみに行かせていただきますね。
ところで、三枝さんのお話も深いですねー。興味深く拝読しています。「人間の幸福感と<神話>が生きていることには深いつながりがあるような気がします。」とのこと、なるほど、なるほど! そうですね、そうですよね!
強い神話性があるものとして挙げられていた『ブエナビスタソシアルクラブ』、私も3回観に行きました。うっとり、うっとり、うっとり。
タイにも心騒がされました。初めてタイに行った時「私、最期はタイで死ぬかもしれない」と何の脈絡もなく感じました。怖くもなく、嫌でもなく、ふ〜んという感じ。そう希望したというわけじゃなく、身の危険を覚えるほど治安が悪かったわけでもなく、別の機会にタンザニアのサファリで突然高熱にうなされ「私、ここで死ぬかもしれない」と感じたのとも全然違って、理由もなくただ感じたとしか言えない不思議な予感でした。当たるかどうかは、この先のお楽しみ?です。
三枝さんが「京都のジュンク堂書店にまだあった」と書き込んでくださったおかげで入手できた『かごめドリーム/ツル・カメ』をバリのビーチで読んでみます。

  *0057-01 てらぴか    [12/04/02()-11:34]      
  ちょびさん、おひさしぶり、
バリか、いいな、ダンスに酔って来てください。
かごめドリーム、ちょっと重い(体重)ですけど、連れてってもらえるなんて光栄です。ぢゃ、旅のあと、画廊で、

  *0057-02 masako [奈良]    [12/04/02()-23:28]      
  ごぶさたです。
お元気そうでよかったよかった。
バリに行くって行ってたねー。気をつけて行ってきてください!
一足お先に今週個展見に行ってきますので、感想は後日!


*0001  GwG      [12/04/01()-00:07]      
お知らせ
 掲示板“えんがわ”のURLが、4月1日から変更になってます。よろしくお願いします。